職場の人間関係は難しい。学生の時とは違う価値観が必要

どうも。こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

学生からこの春で初めて社会人になった
人も多いと思います。

 

初めての環境で緊張することも多いですし
慣れないことも多く疲れが溜まって来る頃では
ないでしょうか。

 

私も学生から病院に初めて
就職した時は非常に緊張したことを
今でもはっきり覚えています。

 

それだけ苦労したと言えるかもしれませんが・・

 

仕事の内容を覚えていく必要は
もちろんありますが
職場の人間関係が難しいと
感じるようなで体験も出てきているのでは
ないでしょうか。

 

特に地元ではなく
県外で仕事されている人は
その場所独自の雰囲気であったり
方言であるとか考え方があります。

 

実際に私も
初めての就職の時は
地元を離れて違う県で働いていました。

 

そのときの体験も含めて
職場の人間関係が難しいなと
感じることに振り返っていこうと思います。

学生の時とは全く違う人の集まりである

学生の時間って
大学や専門学校まで計算すると
小・中・高。大学または専門になります。

 

この時期は
ある意味みんな一緒です。

 

なぜかというと
同じ年代であり同じことを学びます。
そして期限がありますよね。
小学校は6年、中学校は3年
高校は3年、大学なら4年と
決まっています。

 

この時期は学校に出席して
テストを受けていればまあ
大きなトラブルが無い限りは
卒業することになります。

 

つまり期間が決まっており
終わりもあります。

 

そして年齢もほぼ同年代ばかりになりますし
目的もだいたい一緒ですしもつ価値観も
似てきます。

 

私は学生のときは
友達が多い方ではなかったですが
それでも一定の人数の友達と仲良く付き合うことが
できていたように思います。

 

なので社会人になるまで
友達ができないと悩んだことはあまり
なかったですね。

 

それが社会人になって
初めて人間関係に悩みました。

 

それはなぜか。

 

学生の時とは全く別の価値観をもつ
集団に所属することになるのでどうしたらいいか
分からなくなったからです。

 

別の価値観とは一体なにかというと
私の場合ですが職場の集団が

・女性の多い職場であったこと

・結婚している人、子供がいる人もいたこと

・年齢層に幅があったこと

・仕事に対するモチベーションが個々で違うこと

・先輩によって指導方針が違うこと

・その職場独特のルールが存在すること

今まで体験したことのない
集団の集まりの中で協力しながら
仕事をしていくという難しさが
感じることが多かったです。

 

私の場合はとくに同期入職という人が
いなかったのでこれも大きかったかもしれません。

 

同じ部署だけでなく他の部署の人も仕事をしていくわけです。
例えば看護師、精神保健福祉士、心理士、医師など
医療職であったとしても教育であったり
考えかたであったり価値観は全く違うので
ここにもかなり苦労することになります。

 

学生のときは
初めてでもだいたい立場は一緒ですので
目的も共有しやすく話しやすいし
お互いに仲良くなりたいという気持ちがあります。

 

しかし社会人は
初めからこの前提がありません。

 

私が就職した時点で
長い人はすでに30年くらい勤めている人も
いるわけです。

 

これだけ集団の中に幅があると
普通に話すことだけでも一苦労でした。

 

人によっては
機嫌が良い時に話かけないといけないとか
相談するタイミングも相手の状況をみて伝えないといけない

 

また
仕事とプライベートはしっかり分けて考える。

 

こういう社会人にとっては当たり前なことでも
就職した頃の自分はとてもしんどく感じました。

 

そして何よりいろいろな価値観がもっている人がいます。

 

仕事に真面目に取り組む人。
手抜きを最優先で考える人。
給料だけもらえたらいいと考える人。
自分のことしか考えていない人。
すぐに愚痴を言う人。
体が弱く休みがちの人。
リスクを恐れて現状維持しかしない人。
勉強会に全く出ようとしない人。

 

どれもその人が大切にする価値観が
違いますし、年齢によっても
責任感も違えば考えかた、感じ方
も全く違います。

 

そういう多種多様な価値観をもつ
集団の中で仕事をしていくわけですから
ある意味しんどいのは当然かもしれません。

 

職場の人間関係を難しいと感じる
要因はこういう環境に初めて身を置くから
かもしれません。

 

 

スポンサーリンク

悩んでいるあなたに伝えたいこと

それは職場というのは多種多様な価値観をもった
人の集まりであるということを受け入れること。

 

そしてその価値観の中で同意できないものが
無理にしなくても良いということです。

 

例えば

どうしても受け入れることが出来ない人
がいたという事実をを受け入れる。

 

お互いに納得できないことがあるという事実に
納得する。

 

価値観が合わないからといって
無理やり押し通そうとしたり
過度に我慢したりする必要はありません。

 

人間関係に苦しむ人は
ぜひ知っておいてほしいです。

 

まとめ

職場の人間関係が難しいと感じることについて
私の体験談も含めて書いてきました。

 

職場は何度もお伝えしますが
同じ業務内容をしていたとしても
価値観は多種多様です。

 

それなのに
新しく社会人になると
いろいろな価値観を伝えられます。

 

「こう考えるべき」
「〇〇はしてはいけない」
「まずはこれをしたほうがいい」

 

自分の価値観はほとんど聞いてもらえず
先輩や上司のいう価値観ばかり言われます。

 

一つの価値観に押し付けようとされると
しんどい思いをします。

 

いろんな価値観がある集団であることを
まずは受け入れること。

 

そして、その中で同意できるものは
同意し、できないことはできないと
自分の中で受け入れていく。

 

こういう視点で職場の人間関係を
見ていくと気持ちが楽になりますよ。