他人に邪魔される。足を引っ張られたときの対処法にとは?

こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

最近相談される内容の中で
他人に邪魔されて困っている
というようなことを相談されることが
ありました。

 

あなたはどうですか?
他人に邪魔されるという
体験をしたことはありませんか?

 

例えば
・恋愛の邪魔をされた
・自分の希望を否定された
・自分のペースを崩してくる

 

など
自分のやりたいこを邪魔される
という気持ちになった人は
少なからずいると思います。

 

この相談について
私が思うことについて書いていこうと思います。

 

まず結果からはっきりお伝えしますね。

 

あなたが人生を送る上で何かの目標を
達成させようとするときに邪魔をしてくる人は
必ずいます。

 

これは必ずいます。

 

ではなぜ邪魔してくる人は
いるのでしょうか?

 

その理由について3つの要素について
書いていきますね。

 

心配してくれている

いきなり意外かもしれませんが
相手は邪魔しているという意識は
全くなく、純粋に心配してくれている
ということがよくあります。

 

例えばあなたがこれからしようと
していることに対して
・お金を無駄に使うのではないか
・健康を害するのではないか
・チャンスを失うのではないか
・後悔することになるのではないか

 

という心理から結果的に
あなたは邪魔されているという
認識を受けやすくなります。

 

この傾向が強いのは
あなたの家族ですね。
特に母親がこの傾向に強いと
感じています。

 

嫉妬している

このパターンも非常に多いですよね。

 

あなたが目標に向かって
挑もうとしているのをみて

あなたの周りにいる他人は
自分が何も人生で
挑戦していないことを
受け入れることができずに
結果的に邪魔しようとする。

 

その人はまるで
「あなたのために」というような
言い方で思いとどまらせようと
してきますが。

 

しかしその心理の裏側は
その人が何もしていないことを
認めたくないというのが
本音だったりします。

 

引け目を感じている

例えば
あなたがはっきりした目標を
もてたとします。

その目標を達成することを
考えたら心が踊るような気持ちになる
ようなことだったとします。

 

今をしっかり楽しんでいるあなたを
見ている他人は
自分とあなたを勝手に比較対象としてしまい
まるで自分の人生がつまらないものにように
感じてしまうのです。

 

その結果、邪魔しようとする心理が
働き、実際にそのような言動や行動に
うつしてきます。

 

おおきく3つのポイントに
分けてあなたのやろうとしていることに
邪魔してくる心理について
書いてきました。

 

どうですか?

 

思い当たることが
ありますか?

 

しかも最初にもお伝えしましたが
こういう人は
必ず現れます。

 

ここからは邪魔してくる他人に対して
どう対処するかについての
テクニックについて
お話しますね。

 

スポンサーリンク

真実には同意する

例えばあなたに対して
批判的な意見を言う人がいたとして
その意見についての真実の部分には
同意しながらも自分の意見を
伝えるということになります。

 

例えばこんな会話があったとしますね。

 

「あなたは会社をやめたいというけど
絶対にやめるべきではないよ。今は景気も悪いし
次の会社が雇ってくれる保証なんかないわ。」

 

この意見について

「確かに不景気だし雇ってくれる保証もない。
あなたの言うことも合っていると思う。
でも、自分のやりたいことが見つかったし今しないで
後悔するのはもっと嫌なんだ。」

 

ここで重要なことは
相手のことも一定同意すること。

そして言い争うような伝え方ではなく
相手の意見にも同意した上で
自分の意見もしっかり主張することが
大切なことです。

 

相手にも意見をいう権利はあると認める

あなたに対して
批判的な意見を言われたときに
誰にでも意見を言う権利はあると
認めることで少し落ち着いて聞くことが
できるようになります。

 

聞いた上で
その意見に同意できなくてもいい。

 

意見を聞いた上で自分の思いを
伝えることはできます。

 

これは逆の立場でもそうですが
相手に何かを伝えるときに
全く聞く耳もたず無視されると
怒りの感情がこみ上げてきますよね。

 

それと一緒です。

 

まとめ

他人に邪魔されるという
相談について私が思うことを
書いてきました。

 

結局のところ
あなたが何か新しいことや目標に
向かって何かをしようとうすると
必ず邪魔されます。

 

しかしあなたが一度
その目標に向かって
歩きだしたなら一歩ずつ
あきらめずに前に進んでください。

 

そして周りから
「そんなことは早くやめたらいい」
と言われても自分の決めたことなら
諦めないでくださいね。

 

あなたの後ろで何を言われても
気にしてはいけません。

 

それはあなたがその人より
1歩先に進んでいる証拠です。

 

もしかしたら強引な方法で
引きずり降ろそうとしてくるかも
しれません。

 

もしそんな体験をしたら
あなたはその人よりも
上にいるというこです。

 

最後にどんなバカバカしいと
思える意見を言われたとしても
まずは相手には言う権利はあることは
認めてあげましょう。

 

そして言い争ってはいけません。
言い争って何かを得られることは
ほとんどないですから。