うつ病になって良かったこと。体験談が治療になる理由

 

どうも、こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

私は精神科作業療法士として
10年が経とうとしています。

 

治療の一つに
うつ病を患う人で集まり
体験談を話しあうという
ことをしています。

 

これはその時の
テーマを決めてお互いに
体験したことを話す場です。

 

自分以外のうつ病の体験を
聞くことって
あまりなかったりするので
お互いに有益な時間だった
と言われることが多いです。

 

今回あるテーマで大きく
視点が変わったと反響が
あったことについて
お話していきたいと思います。

 

 

うつ病になってよかったこと

そのテーマとは
「うつ病になって良かったこと」です。

 

うつ病になってダメにになったことではなく
よかったことを考えます。

 

うつ病を患う人が考える
うつ病になってよかったこと。

 

この中で多くの人が言われていた
事をまとめてみたいと思います。

 

人の優しさに気付くことができた

うつ病になる直前って人を見る余裕がなく
自分の事で精一杯であることが多いです。

 

人間関係においても、自分が相手に
気を使うことばかりに意識がいくので
人と会うことに疲労を感じる人もいます。

 

しかしうつ病になると、良くも悪くも
一旦立ち止まることになります。

 

例えば
つらくて泣いていたら
家族から「いつでも帰ってきていいんだよ」って言ってくれた。

 

仕事にいけなくて悩んでいたら
同僚が色々と気にしてくれて
言葉をかけてくれるようになった。

 

うつ病になる前は
何も感じなかったけど
実はすでにたくさんの人が優しく
見守っていてくれたことに気が付いたと
いいます。

 

自分が無理していたことに気がついた

「すでに限界だったんだな」
「頑張りすぎていたんだ・・」

 

自分の体や心がしんどいという
サインを出してたとしても
そのサインを感じ取れないくらい
気持ちも精一杯になっていることが
多くあります。

 

それだけ自分に目を向ける余裕の
ない生活をしていたということです。

 

うつ病になったことで
無理していた自分に目を向けることが
出来たという人はとても多いです。

 

無理していることに気づくことって
実は難しかったりします。

 

どのくらいが無理しているのか
自分でも分からなかったりします。

 

なぜ分からないかというと
周りの人を観察しても
身近な人に相談しても
答えをもっていないからです。

 

その答えは自分の内面にしか
ありません。

 

人と比べることの怖さを知った

うつ病になりやすい人は
非常に周りの様子や言動を
尋常なほど、気にしていることが多いです。

 

本人たちも言われるまでは
気がついていないことが多く
ほぼ無意識で行っています。

 

「あの人がこれだけやっているから」
「私はまだまだできていない」

 

人と比べて自分の出来を判断する。

 

自分を認識するためには
他人の存在は欠かせません。

 

しかし、これを意識しすぎると
バランスを崩して
自分を見失います。

 

人にはそれぞれ
能力やモチベーション
タイミング、置かれている環境が
全く違います。

 

自分と同じ人はいない
ということに視点が向くことで
人と比べすぎていたことに
気づけたりします。

 

スポンサーリンク

自分を大切にしようと思えた

「うつ病になるくらい頑張ってたんだ」
「無理して生きてきたんだな・・」

 

うつ病の治療が進み
気持ちが安定してきて
自分自身を俯瞰して見られるようになったときに
グループでの体験談を設けると
こういう話しが出てきたりします。

 

グループで体験談を話しを聞いていると
お互いに感じた生きにくさを話ししてくれるのですが

 

最後の結論になるのが
「本当によく頑張ってたね」

 

と自分自身を低く評価して
無理やり頑張っていたことに
気付くきっかけになっています。

 

お互いに悩んでいたエピソードを
話すことで共感できる部分もあれば
うつ病の人同志でも
悩むポイントが全く違うことも
よくあります。

 

例えば
なかなか夜に眠れずに
気がついたら新聞を配る
バイクの音が聞こえてきた。

 

そしてすずめが鳴く声がしだした。

この音に
「あー。今日も全然眠れなかった〜」

 

という眠れないエピソードを聞いて
深く共感する人もいれば
全く意識していなかったという
人まで様々いるのです。

 

まとめ

うつ病になって良かったことというテーマで
治療の体験を話ししてきました。

 

うつ病になって失ったものに
いつも目が向きがちですが

 

視点を大きく変えて
うつ病になったからこそ
気づけたこと
見えてきたこと
良かったこと
に考えを巡らすと

 

今まで気が付かなったことに
意識が向くことができます。

 

今回治療の場で
うつ病の人が集まり体験談を
話すことでお互いに共感したり
新たな気づきがあったりという
話しをしてきました。

 

こういう場は検索すれば
いろいろな場所で行われていたりしますので
興味があれば少し調べてみてもいいかもしれません。

 

うつ病になってよかったこと

 

ぜひ落ち着いてからでよいので
こんな時間に目をむけてみてくださいね。