こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

突然ですがあなたは
同じ悩みを繰り返すことに
悩んだことがありますか?

この悩みって
実は精神科で日々リハビリ
しているとよく聞くことです。

そこでこの同じ悩みを繰り返す悩みに
ついて考えていこうと思っています。

ちなみ悩みはそれぞれあると
思いますが今回は人間関係の
悩みについて書いています。

同じ悩みを繰り返す原因

日々のストレスが溜まっている

日頃の生活の中で
ストレスがたまっており
悩みに近いことが起こると

「あー。あの時もそうだった。」
「結局、全然変わっていない。」

と自分で自分を苦しめてしまい
よりストレスが溜まっていきます。

人はストレスが溜まってくると
昔にストレスだった記憶が
呼び起こされることがあります。

そのときの苦い記憶が
まるで今この瞬間も味わっているような
感覚を覚え
よりストレスに感じることがあります。

過去の自分を受け入れていない

これは悩みについて自分の中で
受け入れることができていないことです。

悩みだったりストレスになっていることの
多くは時間の経過とともに
なんとなく
消えていくことがあります。

人間関係の悩みは特に
そうかもしれません。

あの場所、あの瞬間は
胸が引き裂かれるくらいの
苦しい体験だったけど

環境が変わったり
時間が経過することで

苦い記憶が薄れていく。

しかし、完全に消えるわけではなく
ある時、似たような体験を
したときにまるで
フラッシュバックのように
鮮明に思い出すことがあります。

苦しんだ体験を
受け入れることができずに
思い出すたびに苦しくなったり
再び、その時の記憶が
読み起こして
グルグルと悩み始めてしまいます。

そもそも解決していない

自分の中で解決したと
思い込んでいるパターンです。

悩みは解決したと
思い込んでいるだけなので

時間が経つとまた同じ悩みに
引き戻されてしまう。

「本当にこれでよかったのか」
「もう少し良い方法があったのではないか」

意外にこういうパターンに
入っている人が多くなっています。

悩みを繰り返してしまう要因について
振り返ってきました。

あなたも、もしかしたら
どれか当てはまるかもしれませんね。

もし当てはまったとしても
一つの要因なので
あまり気にしないでくださいね。

むしろ気がつけたという
ことでは大きな前進です。

それでは
次に悩みを繰り返さないためには
どうしたらいいのかということに
ついて考えていきたいと思います。

同じ悩みを繰り返すときの対策

解決できるか検討する

その悩みが今の時点で解決できる
問題なのかということを
再度検討してみるということです。

何の悩みかにもよりますが
人間関係の悩みだった場合、

例えば
「あのときにもっとこう言えばよかった」
「もっとこうすればよかった」

ということであれば
それは過去に遡ることはできないので
難しいかもしれません。

しかし、こういう過去に
自分がされたことであったり
言った言葉であることの
悩みはあなた一人だけではなく

多くの人も
大なり小なり
体験しているものです。

今、そのことを
思い出しているのなら

これから先
その体験を生かして
次につなげていくこと
その苦い体験を
味わった意味があるのでは
ないでしょうか。

気分転換になる作業をする

グルグルと悩みが
頭の中を支配するときは

気分転換に
違う作業を行うこと
重要です。

悩みに支配されているときは
今この瞬間にするべきこと。
したほうがいいこと。

というのが
完全に抜けている状態です。

こういうときは
五感を刺激するものが
良いです。

アロマを焚いて
匂ってみるのもいいですし

外に出かけてみるものいいと
思います。

軽い散歩や自転車で
少し運動するのもいいですね。

スマホやPCは少し離れて
本を読んでみたり

部屋の掃除をするのも
いいかもしれません。

今できることに
少し注意を向けて
実際に体を動かしてみる。

一呼吸置くことで
悩んでいる自分と
距離をとることができます。

受け入れていない自分を認める

同じ悩みに支配されているときは
自分を上入れていないということが
言えます。

これでいい。
これでもいい。
こんなんでいい。

失敗もしてるけど
それも含めての人生です。

誰よりもあなたの味方である
のはあなたであって欲しい。

あなたを批判する人も
いるでしょうが
それと一緒になって
あなたまで自分を
追い詰める必要はありませんよ。

苦い体験も苦しい体験も
あなたの人生の一部です。

少し話がそれるかもしれないですが
私たちの体はいつか
幕を閉じるときがきます。

そのときには
お金も人間関係もモノも
持っていくことはできません。

体を通してないと
私たちは感じることも修正することも
できないのです。

言葉だったり行動だったりは
全て体があるからこそ
できるもので体験できるものです。

スポンサーリンク

 

まとめ

同じ悩みを繰り返すという悩みについて
考えてきました。

いかがだったでしょうか。

悩みを繰り返すということは
何かの変更をサインかもしれませんよ。

変わる時期に来ているのかもしれません。

急に変更しなくても
気分転換も交えながら
少しずつ自分と向き合っていく
ことが大切です。

私も時々悩みを人間関係の
悩みを思い出して
へこむことがあるのですが

そんなときは
音楽を聴いたり
運動したり

体を動かすことをしています。

体を動かすというのは
今に集中できるので

非常にオススメです。

あとは悩みを抱えている
自分もそれはそれでいい。

と受け入れるようにしています。

これは精神のセルフケアです。

一緒にセルフケアの能力を
高めていきましょう。

悩みを繰り返して海沿いを歩く女性