マインドフルネスはポジティブ思考か?はっきりさせます

みなさん、こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

本日のテーマはマインドフルネスはポジティブ思考か?ということについて
詳しく書いていこうと思います。

こういうことは、マインドフルネスを知ったばかりの人によく聞かれます。

 

初めに結論から申しあげます。

マインドフルネスはポジティブ思考ではありません。

 

しかし辛いとき悲しい時にポジティブに考えてみようとするなら、
マインドフルネスはとても役に立つと考えています。

マインドフルネスとは今、ここの現実にリアルタイムかつ
客観的に気づいている事と書きました。

 

わからない方は以下の記事をご参照ください。
マインドフルネスとは

辛いこと悲しいことがあってネガティブ思考してしまったとしたら?

その時のあるがままの現実とは辛いことがあって
ネガティブに考えてしまったと言うことです。
そしてマインドフルネスとは自分が
ネガティブに考えてしまっていると気づいていることになります。

 

ではそれが一体何の役に立つと言うのか?

具体的なケースで考えていきましょう。

 

猫さん(仮名)は今25歳の看護師です。

今日は付き合ってる彼氏とデートの約束があります。
それが時間になっても待ち合わせ場所に彼が現れません。

LINE送っても返事が来ません。
この場合のあるがままの現実はLINEの返信が来ていないと
言うことになるのですがメールの返信は来ていないと言う現実を
マインドフルに冷静に受け止めることができれば問題は無いです。

 

しかしそれはなかなか難しいと言うのはイメージできると思います。

普段からネガティブに考えがちな猫さん。
「きっと嫌われちゃったんだ」と考えて落ち込んでいました。

 

もしも猫さんが怒りっぽい人だったり、
イライラしてる時なら
「メールにはすぐに返事をすべきである。しかも私のメールを無視するとか失礼な奴だな!」
と考えて怒りを感じるかもしれません。

 

だから意識的にポジティブに考えることができれば
落ち込んだり怒ったりすることなく過ごすことができるでしょう。

 

例えば猫さんも「きっと返事もできない位忙しいんだ」と
考えることができたなら気分も幾分改善するのではないでしょうか?
これはイメージできると思います。
これが俗に言うポジティブ思考と言われているものです。

 

さてここが本題です。

マインドフルネスとはネガティブ思考にとらわれている事でもなければ、
頑張ってポジティブに考えてみることでもないのです。
自分がネガティブ思考していること、
自分がポジティブ思考している事に
気づいていること。
それがマインドフルネスです。

 

この時、今まで自分を支配していた「嫌われたに違いない」という

ネガティブ思考から距離を置いて冷静になっています。
その結果今までとらわれていたネガティブ思考を手放すことが出来て
平常心を取り戻す、つまりフラットな思考を持つことができます。

 

その結果で気持ちに余裕が生まれ
ポジティブに考えようと本人が思うのならば
そのチャンスも得られるのです。

 

しかし、マインドフルにネガティブ思考を手放した時は、
頑張ってポジティブ思考する必要はないと思います。

 

なぜならネガティブ感情はすでに薄れて、
自然にニュートラルに考えているからです。

「嫌われたと思い込んでいたけどもしかしたら違うかもしれない」
とか考えることもできるでしょう。

 

しかもそれを自動思考で無理やりに自分にそう思いこませようとするのは
ポジティブ思考ではありません。
マインドフルネスの結果、ネガティブ思考は薄まり
ごく自然にポジティブに考えている自分を発見することです。

 

もう一度繰り返します。
ポジティブ思考自体はマインドフルネスではありませんし
マインドフルネスはポジティブに考えてみることではありません。

 

マインドフルネスは自分がネガティブ思考していることを
客観視して気づいていること。

そしてネガティブ思考によって生まれた
ネガティブ感情は癒され思考ポジティブに導かれていくのです。

 

マインドフルネスの原点は今ここに戻ることが本質です。

ここでマインドフルネスの効果を考えていこうと思います。

 

誰しも何か失敗をして「しまった!」と思ったり、
また叱られたりしたことがあるでしょう。

その時はもう失敗したくないと思うはずです。
そこで過去の失敗を思い出して失敗の原因を検討します。

失敗の原因が外の環境にあるならば
環境に働きかけたり他人に交渉したりして改善し、
次の機会に失敗しないようにするでしょう。

もしも失敗の原因が自分の実力不足であれば
自分の能力を高めるのが有効です。
過去に学び未来訪れる再チャレンジの機会に備えるのです。

このようにして、
より良い人生を実現するのはマインドフルネスだともいえます。