障害者は就職に不利?不安から言わないことのデメリット。

こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

精神障害に限らずですが
障害のある人の就職するということには
問題が多かったりします。

 

なにより本人にも
悩みは増えていきますよね。

 

私が就職支援に関わったときに
患者さん本人も非常に気にしており
以前の私も気にしていたことがあります。

 

それは
障害者は就職に不利であるという
思い込みです。

 

就職活動で障害のことを詳しく話してしまうと
仕事ができないもしくは不利と
思われてしまうのではないかと
不安を感じている人が非常に多いです。

 

特に目に見えにくい障害をもっている人。
精神的な障害をもっている人。

 

相手に見えにくいのであれば
言わないでおこう。

 

就職してからもし大変なことがあったり
困ったり問題が起きたときに
相談しようとか考えてる人もいます。

 

たとえ伝えたとしても
正しく理解されない、誤解をされて
何度話しても伝わらない、という声が多くあり
その気持ちは非常にわかります。

 

それでも、基本的に私は
言わないでおこうという態度は
お勧めしていません。

 

患者さんの体験談や私自身が感じたことも
踏まえてお勧めしにくいことを書いていきます。

就職は内定をもらうことがゴールではない

仕事は面接受けて内定をもらうことが
ゴールではありません。
もちろん内定をもらえないと仕事ができないのも
わかります。

 

内定を得たいと言う気持ちはわかりますが
内定を得た後、職場でしっかり仕事をし続けることが
とても大切なことです。

 

もし、障害を秘密にしていたために
仕事で何らかの問題が起きてしまったとき
会社で一緒に働く同僚に
迷惑をかけてしまうことがあります。

 

さらには、お客や取引先に
影響することもあるかしれません。
あなた1人だけの問題では無いと
いうことを知っておいてください。

 

あなたに何か起きた時に
会社の人がそれに対応することによって
その人が本来するべき仕事ができなくなってしまう。

 

「どうして先の話してくれなかったのか」と
感じる人もいるかもしれません。
いちど崩れた信頼関係を取り戻すには
大きな時間がかかります。

 

今の仕事に入るだけでなく
会社に貢献することを考えたとき
やはり障害については
最初に相談しお互いを理解した上で
仕事に就いたほうが結果的には良いと
私は考えます。

仕事をし続けることができる環境を作る

例えば採用担当者は
基本的に障害の事について
何も知らないと思っておいてください。

 

あなたがもし話さなければ、
面接時にはきっと採用担当者は
「あー多分大丈夫だろう」と
思ってしまいます。

 

学校と会社で仕事するということは
大きな違いがあります。

 

もしかしたら障害のことを話すことで
不採用になることが
多くなるかもしれません。

しかし、少ない面接の回数で
内定をもらうことが
ゴールではありません。

 

お互いに自分の言葉で話し
納得した上で採用してもらい
仕事をする。そこが最終的なゴールです。

 

ぜひ障害については
先に話していただきたいと考えています。

 

人間は不思議なもので
できると聞いていたことができないと
すごくショックを受けます。

しかし、できないと聞いていたことが
できるというふうになると
すごく嬉しいと感じます。

 

スポンサーリンク

不採用になったとしても落ち込まない

何社も受けて不採用が続いたとしても
それを理由に落ち込むことありません。

 

あくまでその仕事の面でお互いに
合わなかったと言う事です。

 

人間性を否定されたわけではなく
障害があるから落とされたわけでもありません。

 

就職が不採用となるのは
大きく2つ理由があります。

 

それは会社側によるものと
応募者側によるものです。

 

まず1つ目の会社側によるものとすれば
例えば作用する人数が決まっているため
どんなに良い人材でも不採用を
決めなければならない状況です。

 

また面接日程の調整がうまくいかず
他の応募者の選考が先に進んでしまうと
いうこともあります。

 

応募者側の理由というのは
やはり慣れていなかったり
企業研究を十分にやっていなかったり
スキル的な部分でまだまだ充分ではなかったと
いうこともあります。

まとめ

障害者が就職に不利という不安について書いてきました。

 

仕事するというのは
「縁」があるかないかというのも
私はあると考えています。

 

これは障害をもっている人に
限らず健常者と言われる人も
その仕事と「縁」があれば
自然につながるものであると
考えています。

 

その縁を結ぶためにも
待つのはなく今の自分ができることを
率先して準備しておくこと。

 

それは面接の準備かもしれないし
心身の体調を整えることもかもしれません。

 

しっかり休むことかもしれない。
人に相談することかもしれない。

 

仕事をするということは
内定をもらうことではなく

仕事に行くことが日常の
一部になるくらい自然にこなすことが
一つのゴールだと考えています。