頑張らない方がうまくいく?昔の価値観に縛られない方法

どうも、こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

世間的にはよく言われるのは、
頑張る人はとても素晴らしい
ことだという一つの価値観があります。

 

さらに、世の中で大きなことを
達成した人はとても頑張ったからだ!
という認識を持っている人も多いと思います。

 

しかし、はっきり言わせてもらうと、
この考え方の人は、頑張るということの意味を
根本的に勘違いしている人だと思っています。

 

それはどういう意味なのか?

 

ここでは頑張るという本来の意味と、
実は頑張らないことのほうが、
うまくいくということについて書いていきます。

 

頑張らないメリットの方が大きい

心や体が疲れていると感じた時に
無理に頑張るのは逆効果になります。
頑張らないと怠け癖がついてしまうと
信じている人が非常に多いのですが
それは勘違いです。

 

反対に、頑張れば、
頑張る癖がついてしまいます。
頑張る癖というのは表面的には
良いことのように感じますが、
実はそうではありません。

 

例えば頑張っている時、
あなたは無意識に「息を止めて」いませんか?

 

息を止めた状態で、
どこまで頑張ることができるでしょうか。

 

頑張っているときは、緊張しています。
必要のない時でも力が入っています。

 

非常に無駄な労力を使っているので
何もしなくてもヘトヘトになってしまいます。

 

息を止めて無理なことをしているのですから
文字通り息が続くわけがありません。

頑張るというのは本来こういうことを意味します。

最後までするよりは途中まででいい

最後まで頑張らなければといけないという考えは、
実はスタート時点から間違っています。

 

なぜならそれは
「しなければならないという思考」を
土台にしているからです。

 

もしあなたがしたくないという気持ちに気づかずに
「しなければならない」という思いから
取り組み始めたとしたらどうでしょうか。

 

あるいは、「したほうがいい」とか
「出来て当たり前だ」とか、
「みんながやっているから」という思いから
スタートしたらどうでしょうか。

 

間違いなく、途中で辞めてしまうか
無理し過ぎて病気になって
しまうかもしれません。

 

それでも頑張って最後までやれば
貫徹したという喜びで味わことができるし
最後までやったという
自信がつきますという人がいます。

 

ゴールまで最後までがんばる
決めた事は最後まで貫徹する
苦しくてもへこたれない
途中で脱落したら敗北
自分に負けてはいけない

 

これでほんとに自信がつくでしょうか。

自信がつくのは「やりたくて頑張る時」だけ

もっとも同じ最後まででも取り込む心の持ち方によって全く異なります。

 

苦しくても最後までしなければならないから頑張るのか。
楽しくて続けたいからつい頑張ってしまうのか。

 

この違いに気づくことがとても大切です。

 

今していることを本当に楽しいと感じていれば、
ストップの声が入ると
「止めないでくれ。邪魔しないでくれ。」と
言いたくなるでしょう。

 

もしも
「辛いけれども頑張らなければ」と考えていたら
誰でも続きません。

 

そんな気持ちで頑張っても自分に
自信がつくとは到底思えませんし、
嫌なことを苦痛に感じながらやっていれば
いつか心が折れてしまうものです。

スポンサーリンク

 

疲れる少し前に休むという方法で自分の欲求を叶えましょう

 

疲れを感じる少し前に
休憩をとると体をリラックスして
心も次第に気持ちよくゆっくりとなっていき
回復が早まります。

 

リラックスできるからこそ
ここまでがやってきたという
満足感も大きなものになります。

 

心にゆとりが生まれることで、自分に対して
余裕を満喫することができます。

 

自分の足元をしっかり感じているからこそ、
足取りが重くなったと感じたら
早めに休憩することができます。

 

自分を大事にして休憩できる人は、
臨機応変にこれは無理だと判断した時にでも
途中で引き返す勇気も育っています。

 

そのために自分を守ることができるのです。

 

さらに言うと仕事でも遊びでも
「とても面白いなぁ。興味深いなぁ。
やる気がみなぎってくるなぁ。」と
感じながら取り組めているでしょうか。

 

また行動に起こした後
「やったー。大満足。とっても気分が良い。楽しい。」
こんな思いを休憩という
ゆっくりした時間を味わいながら
余韻に浸っているでしょうか。

 

あるいは「あーもうこんな時間か。。まだ続けたいなぁ。。やめたくない。
けれども明日も続けてやりたいから
ひとまず今日はここでやめよ。
明日も取り組むのが楽しみだ」という
やりたい気分が持続しているでしょうか。

 

やっている最中、やった後、
そしてまた明日という未来において
こんな気分になれるのは
「やりたい」という欲求を基盤にしていて
他の人からみたら頑張っているように
見える人たちだと思います。

 

まとめ

ここまで、頑張らないほうがうまくいくという視点で話しをしてきました。

 

根性論、精神論が今でも根強く残っていますが
今はもう時代遅れだと感じています。

 

気がついたら楽しくて続けていた。
人には頑張っているようにみえるけど、
自分ではそんな頑張っている感じはない。

 

好きだから続けている。取り組んでいる。
こういう心境で日々過ごしていけたらこれほど
幸せなことはないのかもしれませんね。