待てない不安。LINEの返事が遅く悩む人に知って欲しいこと

 

LINEの返信が待てずにスマホの画面ばかりを見ているスマホアップの写真

どうも、こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

最近、10代や20代前半の方からの相談で
LINEやメールの返信がくるのが
待てなくて不安になります。
という事を聞くことがあります。

 

現代は、携帯やスマホが
当たり前に使われていて
相手との連絡手段も、
非常に簡単になりました。

 

私自身も、スマホのおかげで
連絡がスムーズであり、
とても重宝しています。

 

しかし、メリットがあれば、
デメリットもあります。

 

デメリットとしては、
相手と連絡がとりやすくなったが故に
返事を待つということができずに
不安になりやすいということがあります。

 

もちろん、これは、全ての人に
該当するわけではありません。

 

しかし、自分の感情が
不安定になっている時は
不安、悩みとして表面化していきます。

 

また、元来心配性の人もこの悩みに
直面している人が多いですね。

 

待てなくて、不安になる。
返事がこなくて悩み、
ついついスマホを開いてしまい
他のことに手が付かないときの対処法について
考えていきたいと思います。

 

既読がつく、つかないが気になる

返信が遅い不安

LINEの機能上、相手が読むと
既読という文字が出ます。

 

相手の安否の確認にもなるのですが、
既読スルーという言葉が
あるように既読がついているのに、
返事が遅いと不安になる人がいます。

スマホ依存。感情が不安定になる原因の一つです。

相手との関係性にもよりますが
実際にこのことがストレスで
精神科に受診される人も
若い人ではいたりします。

 

相手にどう思われているかが不安になる

lineの返信が遅くて不安

比較的若い世代に多いのですが
相手からどう思われているかを
過度に気にする人に
典型的に見られる特徴の1つに、
LINEやメールに対する過剰な反応しています。

 

特に、生活や環境が
変わろうとする時期には
気分も上がる一方で、
不安にもなりやすい時期だと思います。

 

自分が出したメッセージに反応がないと、
なぜだろうと気になって仕方がない。

 

1時間返信がないと、
「なんで返事がないのだろう」
「どうして既読にならないんだろう」

 

と反応がないことに
何か意味があるかのように
思い込んでしまいます。

 

極端な場合、
10分や20分返事がないだけで、
何度もスマホを確認して
どうしたんだろうと落ち込む人がいます。

 

相手の立場で少し考えてみる視点をもつ

相手は大事な仕事や勉強で、
携帯電話の電源を
切っているのかもしれないし
歩いていて、連絡が来ていることに
気づいていないのかもしれません。

 

人と喋っていて返信できるような
状況にないのかもしれません。

 

そうした状況は簡単に
想像できるはずです。

 

しかし、自分がどう見られているかを
気にするあまり
相手の都合や状況を
想像する心の余裕がもてない。

 

すべてを自分に結びつけてしまいます。

 

その不安はどんどん強まり、
自己中心的な見方しかできなくなります。

 

そして、
「何か事故でも
あったのではないか・・」

「さっきのメールで
気に障るようなことを言ってしまったのか・・」

「気分を害するなことを
言ってしまったのか・・」

などと勝手な意味付けをしてしまい、
ますます不安を強めてしまいます。

 

不安が高まると、自己防衛的に
攻撃反応が出る場合もあります。

 

相手は自分を無視している。
もしくは
わざと反応してこないと
受け止めてしまうのです。

 

それによって、人間関係に
ヒビが入ってしまうこともあります。

 

メールやLINEは
とても便利なツールですが、
相手の様子まではわかりません。

 

そこで余計な憶測をしては
ネガティブな思考の悪循環に陥ってしまい
せっかくの関係を
台無しにしてしまいかねません。

 

不安が強い人ほど
勝手にネガティブな憶測を
してしまいがちです。

 

不安はあるけど今は
メールやLINEを
見たり書いたりできない状況に
あるのだろう。

 

そのうち返事が来るだろうと切り替える
心の余裕も必要です。

気持ちを切り替えられない人へ。誰でもできるシンプルな方法

スポンサーリンク

自分の時間をつくる

相手の返事がない不安に
気持ちが傾いている時は

落ち着かずに
イライラしてしまうかもしれません。

 

こんなときは、せっかくできた
自分の時間を味わうという
視点に切り替えることを
おすすめします。

 

返事がないときに
不安になっているときは

見え方が相手中心の考えに陥っています。

 

もちろん、一時的にそういう時間も
必要ではありますが
慢性的に悩んでいるのなら
これは非常に問題です。

 

例えば、
アロマを炊いてみたり。
本や漫画を読んでみたり。
ゆっくり湯船に使ってみたり。

 

自分の時間を味わう時間に使うと、
とても有用に時間を使うことができます。

 

それでも、不安になる場合は
マインドフルネスという
瞑想をおすすめしています。

 

これは、ゆったり深呼吸しながら
目をつむり、自分の感情に
気づく作業です。

 

深呼吸していても

不安になっているときは、
呼吸が浅いかもしれない。

 

呼吸以外の違うことに
頭の中が考えているかもしれません。

それで良いのです。

 

マインドフルネスで大切なことは
自分の今の状況に気付くことです。

 

気付くことで、
考えに一度ストップがかかり
少し落ち着いて
少し離れた視点で
自分をみられるようになります。

 

マインドフルネスについては、
別の記事で詳しく書いているので
そちらも参考にしてもらえると嬉しいです。

マインドフルネスとは?体験談を交えて具体的に伝えます。

 

まとめ

待てないと不安になると
いうことについて書いてきました。

 

LINEやメールの返信が遅くて
不安になっている人はぜひ

自分を振り返る時間をもてる
心の余裕を感じてほしいです。

 

時代の流れの中で待つという行為を
楽しむことを忘れてしまっている
人が多いです。

 

手紙を送ったら返事がくるまで
何日も待った体験がある
人もいると思います。

 

その待つ時間が返事の喜びを
より膨らませることになっている
原動力だったわけです。

 

今は、スマホの普及で
どんな日常会話であっても
とても大切な話であっても
すぐに連絡がとりあえるようになりました。

 

これが良くも悪くも
人を不安にさせる
要因になっています。

 

あなたが感じる不安も
相手を思うからこそですが
バランスを崩せばお互いにしんどくなります。

 

時には、「待つ時間を味わう」という
心の余裕をもつことも大切ですよ。

LINEの返信が待てずにスマホの画面ばかりを見ているスマホアップの写真