うつ病で休めない?責任感が強く会社思いの方に多い理由

みなさん、こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

よく精神科に通院している人の話の中で
「仕事は私が休むと回らなくなるし迷惑をかけるので休めません・・」

ということを言われる方が多くいます。

 

私はこういうときにはよく言う言葉があります。

「1人欠けた位で潰れる会社は、どのみち潰れるんではないでしょうか。」

 

真面目な人ほど、「私が休んだ仕事が回らなくなる!」と
体が悲鳴をあげていても何とか奮い立たせて
出勤している人が多いですね。

 

はっきり申し上げますね。

絶対にそんな事はないです!!

 

私もうつ病までは行きませんが今から思うと
うつ状態で仕事に行ってたことがあります。
自分が休んだら、後で上司から
「あなたがいないと大変でした。」
なんて言われたときには認められた実感もありながら
どこか休むことに対して罪悪感を感じたこともありました。

 

しかしそんなことは自分の勘違いということが
分かった出来事がありました。
私は以前急に退職することになったことがあるのですが
その時は同僚や後輩だけで仕事回るかなと
とても心配していました。

 

けどですね。結果的には
全然余裕で回りました。

まあ、回していると言う方が
正しいかもしれませんね。

仕事を辞めた瞬間、
上司だと思って緊張していた人、
役職がついてる人に偉いと感じていた人。

やめれば、みんなただのおじさんとおばさんですよ。

そして私がいなくてもだれかがやります。

 

ここで一つ働きアリの法則というものを紹介します。

この法則は8割のアリは働き、2割のアリは働かない。
でもその2割の働かないアリを排除すると、
今度は残った働くはずのありの中から2割のありが働かなくなる。

と言うものです。

 

これは人間の世界でも当てはまる法則で、
つまり「私がいなきゃ…」てあなたは思っているかもしれませんけど、
あなたが休んだら休んだらで絶対に残った人の中から
ちゃんと働く人が出てくると言うものです。

これは自営業の人でスタッフの人数少なくて
そんなことはないと言う人もいますが
これも正直に行って、仕事は周ります。
いつも通りではないかもしれないですが
周ります。

 

それでも私が休んだら会社が回らないって言うのが
思い込みだと言うことを体感するためには、
やはりまず休んでしまうことが1番です。

 

日本では精神病になる人が300万人を超えているという
データもあるのですが
「〇〇のために!」と自分を押し殺して
精神病になるくらいだったら、まずは『自分のために』と
自分を大切にしてあげることを最優先すべきだと思っています。

 

はっきり言ってそうやって自己犠牲精神や我慢の心で
会社に尽くたところで、得られる評価なんてたかが知れています。
おまけに、自分で自分の心の声を叶えてあげていないから満たされていない。
満たされていないから、人から認められたり褒められ
たりする事に依存する。という負のループから抜け出すことが
できなくなっていくのです。

 

私が思う事は好きじゃない会社で得意な経理していて、
大好きなのはアロママッサージを受けることだと言う人の場合なら、
そのアロママッサージの会社やセラピストの経理する方法はないかなぁと
探してみるのはどうでしょうかと提案したりします。

 

単純な話かもしれませんが、好きじゃないことをしていても
そこそこの生活ができると言う事は、好きなことに集中したら
どれだけの能力を発揮するのか想像してみて欲しいと言うことです。

 

特にサービス業の仕事をしている人ほど
「この人は私のサービスを受けに来ている」と思うかもしれませんが、
世の中のバランスはよくできています。
特に会社などの個人の集合体組織においては、
1人が欠けても意外と誰か埋めてくれます。

 

このことからはっきり言えるのですが、
うつ病の人ほどまず休んでみましょう。

 

そうは言われてもまだまだ抵抗感があると言う人がいるかと思いますが、
よく考えてみてほしいです。
自分が無理して働いてぎっくり風邪をひいた時、
会社は何とかなりませんでしたか?

 

冠婚葬祭で急に休みを取った時誰かが力を発揮して
サポートしてくれたりしませんでしたか?

 

結局のところ何とかなるものです。

 

そしてこれは朗報と言えるかもしれませんが
1人がかけただけで回らなくなるような会社なら、
どのみち近い将来潰れるか傾きます。
そうなったときに「私を必要としてくれる場所がなくなった」と
絶望するぐらいだったらまずは自分で自分に
居場所を作ってあげてください。

 

うつ病になるまで休めないと考えている人は
真面目で律儀で周りの目を気にしている人が多いです。

非常に大切な素質をもっているのですが
大切な順番を間違ってはいけません。

それは自分も相手も同じくらい大切にするということです。

 

相手が一番で自分が二番という考えを持っている人も多いと思いますが
自分を同じくらい大切に思えない人は
やはり相手も大切には思えません。

うつ病でも休めないという方にとって
少しでも参考になればと幸いです。