うつ病を相談できない。一人で苦しむあなたに伝えたいこと

 

 

自分がうつ病かもしれない、と思った時、
誰かに相談することって
とても難しいですよね。

 

ただ話すだけなのになんで
こうも難しく思えてしまうのかと
考えたことはありませんか?

 

うつ病であると相談できない
という人は多く
上司にはもちろんのこと
家族にすら伝えていないという
人もいます。

 

なぜ相談できないという
気持ちになってしまうのか。

 

まず、話すことが難しい理由に
ついて考えてみましょう。

 

 

偏見の目で見られる怖さ

うつ病という病気は
心の病気であることから
軽率に見られがちです。

 

そのため余計に誰かに話しても
軽く捉えられてしまうのではないか?
という気持ちになってしまうの
ではないかと思います。

 

なのでうつ病かもしれないと
思って話す時は、誰かに相談する
のではなく話してみるのが
一番心に優しいです。

 

相談というものは
相手に助けを求めること
または理解を求めることです。

 

でも相手からしてみても
急に助けることや理解することは
難しいものです。

 

まずは話してみて、聞いてもらうこと。

 

「うつ病かもしれないんだけど、
どうしたらいいかな?」ではなく、
「うつ病かもしれなくて、
こういう症状があって
今こういう気持ちなんだ」と話すことが

相手にとっても自分にとっても
聞きやすく話しやすいです。

 

「こういう状況なんだ」を
伝えることによって相手も
「そうなんだ。何かあったの?」と
話を繋げやすくなります。

 

つい大丈夫なふりをしてしまう

本当にうつ病かもわからないのに
誰かに話すなんて…。と
自分自身のことを疑ってしまう
場合があります。

 

もしうつ病じゃなかったら恥ずかしい
うつ病じゃなかったら話を
聞いてもらったことが無駄だった
と思うかもしれません。

 

ですが、もしうつ病じゃなかったら
それはそれで「よかったね」と
笑えることだと思うのです。

 

あなた自身が話したい
と思う相手はきっと
「なんだようつ病じゃなかったのかよ」
と言うような相手ではないと思います。

 

だから話したいと思うのでは
ないでしょうか?

 

口にしてみることで
不安が解消され
楽になることも勿論あります。

 

病気でないに越したことは
ありませんので、あなた自身が
うつ病でなかったとしたら
それは喜んでいいことなのです。

 

仮にうつ病だったとしても、
最初に打ち明けたことによって
後の関係も続けやすくなるでしょう。

 

 

 

スポンサーリンク

誰に話していいか分からない

そして一番大きな理由というのは
誰に話したらいいかわからない
という点ではないでしょうか?

 

誰を信じればいいかわからない。

誰も信じることが出来ない。

軽蔑されたくない。

距離を置かれたくない。

そんな気持ちがある方は
うつ病の方に多いと思います。

 

勿論その恐れる気持ちを
乗り越えろとは言いません。

 

そういう時にはぜひ
精神科か心療内科を
受診することをおすすめします。

 

精神科や心療内科は
あなた自身の不安や戸惑い、
嫌なことや許せないことを
聞くことが仕事であり、

それを一緒に改善していくことが
精神科の仕事です。

 

なので怖がる必要は勿論ありませんし、
仕事だから真面目に対応して
当然ぐらいの気持ちで
行かれるといいと思います。

 

仮に病院の先生の対応が雑だったとしても、
先生はそういった患者さんを
たくさん見てるが故にあなたの解決策を
わかっているからなのだと思うのです。

 

まずはじめは話を聞くことが
先生にとって最初の診断です。
ですので気兼ねなく話してみましょう。

 

まとめ

うつ病を相談できないことについて
まとめてみました。

 

確かに誰かに話をすることは
難しいことですし、もしもを
考えてしまうと踏み出すのには
勇気が必要ですよね。

 

ですが、話してみることによって
心は軽くなりますし、一人じゃないと
実感することができます。

 

心を許せる人が一人いるだけで、
真っ暗だと思った道も
足下が見えるようになることもあります。

 

それでも相談することを
怖いと思うかもしれませんが、
あなた自身が周りの人に何も伝えずに
病院にも行かず、最悪の事態が
起こってしまった時。

 

周りの人は気付いて
あげられなかったことを
きっと後悔すると思います。

 

大事なことは聞いてくれた人に
頼りっきりにならず、自分は治したいんだ
という気持ちを常に持ち続けることです。

 

この辛い気持ちを治したいから
話をしたということを忘れないで下さい。

 

うつ病になると自分のことを
疑心暗鬼になり何を話して
良いか分からなくなります。

 

うつ病は一人では治せません。

 

疑いがあったら誰かに話してみること。

 

そうすることによって、
少しでも状況は良い方向に
変わると思います。

 

うつ病かもしれないと思った時に
一人で抱え込まないことは
とても大切なことです。

ですので、家族、友達、病院の先生。
誰でも良いので気の許せる人に話してみて、
まずはその不安を少しでも
軽いものにできたらと思います。

 

ほんの小さな勇気を持って
一歩踏み出してみませんか?