マインドマップの効果。医療の現場で活用して気付いたこと

 

こんにちは。精神科作業療法士の大祐です。

 

あなたは、マインドマップという言葉をご存知ですか?

 

マインドマップはアイディアをまとめたり
頭の中を整理して発表するためには
非常に有効な手段です。

 

私は職場での発表や実習できた学生さんには
このマインドマップを作ってもらい
発表してもらっています。

 

初めてマインドマップを
まとめる学生さんは最初は
とまどいを隠せないようですが
発表の時にはとてもスムーズに
できているので本人も驚いています。

 

マインドマップに対する
関連書籍はたくさんありますので
詳しい内容についてはネット
などで調べてもらえばたくさん
情報がでてきます。

 

ここでは、実際に医療の現場にて
マインドマップでの効果に
ついて書いていこうと思います。

 


独自のやりかたで
しているとこもあるので
実際のマインドマップで少し違うところも
あるかもしれません。

 

パット見て分かりやすい

日頃、治療していく中で
効果、検証をするための
勉強会をしています。

 

この時にマインドマップを使い
発表すると、相手に伝わりやすく
自分のイメージしていることを
アイコンや、一言で表しているので
ポイントが掴みやすいのというのがあります。

 

真ん中のパーソナルイメージから
何を最初に言いたいのかが伝わりますし
枝から枝に伸びる書き方が頭に残りやすいです。

 

自分の頭の中が整理されていく

実際に手書きで書くと実感できるのですが
自分の頭の中にあることが整理されていく
感覚を覚えます。

 

枝の上に一言キーワードを書く
やり方を採用しているので
このキーワードから自分が
何を考えていたのかを自分自身で
振り返ることができます。

 

人前で発表する時に伝えやすい

自分の考えていることを文章にしようとすると
なかなか自分の伝えたいことが伝わらない
ときがあります。

 

国語能力が高いとそんなことは
ないのでしょうが、私はあまり国語力が
高くないのでキーワードやアイコンで伝えることが
できるマインドマップは非常に便利だと感じています。

 

最終的に文章にはするのですが
「こういういことが書きたい」というのが
相手に伝わるので的確な助言やアドバイスを
もらうことができます。

 

特にこれは実習にくる学生さんには
効果が高いと感じています。

 

実習にくる学生さんはそれでなくても
緊張しているので、自分の考えを発表するのは
苦手さを感じています。

 

しかし、マインドマップであれば
キーワードやアイコンなどで
示すことができるので文章にあまり自信が
なくても非常にわかりやすく伝えることができます。

 

人の話しを聞いて要点をまとめる能力がつく

私の場合は、勉強会や研修に行った時に
講師の先生の話しを聞くときには
ノートにマインドマップで書くようにしています。

 

話しの中のキーワードを抜き取り
繋げていく作業をします。

 

これが後で見返した時に
非常に思い出しやすく職場の人に
伝達講習をするときには
とても重宝します。

 

さらに、この方法で話しを聞くと
話しのポイントになるキーワードを
意識してきくようになるので
話しを要所に耳が向かいやすくなります。

 

スポンサーリンク

具体的な書き方について

何かを発表するときには
色鉛筆を使ってそれぞれの枝を書いていくのですが

メモ書きや研修会のノート取りなどは
中央に研修名を書いてボールペン一色で
話しのキーワードをどんどん枝に書いてくイメージです。

 

ポイントは
・枝に書く文字はキーワードのみ
・枝の上に書くこと

これだけを意識して書いています。

 

あまり難しく考えずに
キーワードをどんどん書いていくイメージです。

 

習うより慣れろ

マインドマップは難しそうに感じますし
普通に文章で書くほうが簡単という人もいると思います。

 

しかし、最初はどんなに下手でも構わないので
ぜひ、マインドマップで書いてみてほしいと思います。

 

慣れてくると、全てのメモ書きが要点のみを枝でくくっており
後で見返ししたときにすぐに思い出しやすくなります。

 

まとめ

マインドマップの効果について
書いてきました。

 

マインドマップは医療現場でも十分活用することが
できますし、仕事や学校でのメモ書きにも
応用することができます。

 

人に何を伝えるのは
自分で伝えたいことが文章では
なかなか伝わらないときがありますよね。

 

「が」「で」が違うだけでイメージが変わります。

例えば
「そのお菓子がいい」
「そのお菓子でいい」

同じお菓子について書いているのに
感じる印象は全然違ってきます。

 

もちろん読み直せば
すぐに修正できるところではあるのですが

マインドマップだとアイコンでで示すことも
できるので、イメージで伝えやすくなります。

 

自分の頭の中を伝えるのは
難しいことと感じている時には
日常にマインドマップを使ってみては
どうでしょうか。

 

実際に仕事で使っていますが
まとめやすいし、頭の整理させるし
相手にあまり誤解を与えずに伝えることができます。

 

慣れるまでに多少時間がかかりますが
最初はどんなことでもいいので
マインドマップを書いてみてください。

 

そしてできればマインドマップで発表してみてください。

 

自分の個性も出せますし、イメージで伝えることも
できるので頭の伝えたい事がそのまま
相手に伝えることができるようになりますよ。