こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

今回のテーマは
「やりたいけどやる気が起きない」
についてです。

私は毎日病院で
リハビリの仕事をしていますから

今回のテーマのような
「やりたいけどやる気が起きない」

こういう悩みをもって
いる人に出会ったことが
きっかけになっています。

この記事の内容として
うつ病になり入院中だった
20代後半女性を担当したときのことを思い
書きました。

何かしないと焦るけど何もする気が起きない

初めてお会いしたときに
言われていた言葉でした。

頭の中では何かしないと
思っているけど
体がまだ追いついていない。

人は何もしない時間が
続くと何かしたいと思う気持ちが
フツフツと湧いてきます。

しかし体がまだこの感覚に
追いついていないので
気持ちばかりが焦るという
状態になりやすくなります。

複数の人がいる場所が怖い

回復傾向に入ると
周りを見る余裕が少しだけ
でてきます。

しかし
精神状態の不安定さは
続いているので

「人の目が気になる」

「自分がいることが迷惑になる」

「何かしたいけどしんどい」

「何もできないと思われたくない」

複数の人がいる場所が
苦手と感じるのは
こういった心理になりやすいです。

治療する上で意識していること

私がこういうときに
提案しているものが
簡単で何かしている感覚があるもの
です。

作業療法士の中では
非常に有名な山根寛先生も

「肯定的行動を強化しながら
無理をしなくて受け入れる体験をもてるようにする」
精神障害と作業療法 第3版

と言われています。

参考書籍

 

失敗が少なく
すぐに修正ができて
本人の中でもしている感覚があるもの。

一例としてプランター園芸の土作り

この時はプランターで作る
野菜を育てるための土作りを
一緒にしました。

土を混ぜたり
プランターの中に土を入れたり
という比較的に単純で分かりやすい
内容です。

失敗と感じる要素が少なく
修正・調整も簡単にできますし
小さなスコップで土を入れていくと
工程になります。

スポンサーリンク

休憩の重要性

疲れを感じるペースは
人によってかなり違います。

よく時間で判断する人もいますが

基準は
自分の体感に合わせることが大切です。

学校や仕事では
休憩時間になるまでは
休んではいけないと習慣にあると

この感覚でしんどい気持ちを
無理してしまうことになります。

人によっては
5分でも疲れを感じることも
ありますし

体調がよければ
1時間でも余裕を感じるときが
あります。

自分の体の声に
耳を傾けて大切にすること。

これが自己肯定感を
高まる一つのきっかけに
なるでしょうし

これでもいいんだ。
これくらいでいいんだ。

この感覚がもてることが
一番です。

まとめ

やりたいことがあるけどやる気が起きない
という状態について

私が精神科で作業療法しているときの
考えと具体的な一例で
書いてきました。

人は完全に余裕がなくなると
自分のことしか考えることが
できなくなります。

それは自分を守ることに
すべてのエネルギーを
使っているからです。

少し余裕が出てくると
今度は自分より周りのことが
気になるようになります。

人に影響を受けやすいときには
すぐにできる簡単なことで

できれば頭で考えることではなく
体を使ってできることがないかを
探してみてください。

もし何も見つからず困っていて
あなたが病院に
通院している状況であれば
作業療法士の力を借りて欲しいです。

このブログでも
いろんな内容を発信していきますので
参考にしていただけると
とても嬉しいです。

やりたいけどやる気が起きずにベッドの中に入っている女性