恋愛は親の影響を受けやすい。鍵をにぎるのはあなたの母親です

こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

少し前のブログ記事に
人格と失敗を繰り返す恋愛には
大きな関係があることを書きました。

 

この記事ですね。

https://revivespirit.jp/love-repeated-failure/

この記事でも書いていますが
人格(パーソナリティー)は
18歳くらいでほぼ固まってくるのですが

人格ができあがる上で、
1番その土台になっているのは
愛着と言われています。

 

愛着とは生後1年半までに
母親との関わりによって形成される
半永久的の絆の事ですね。

 

ということで
恋愛は親の影響が大きいということに
書いていきたいと思います。

 

親でも母親との
関係がどうだったかが重要です。

 

恋愛でうまくいかないときに
自分を振り返る一つの視点として
読んでもらえると嬉しいです。

 

愛着が作られるまで

小さいときから母親からよく
世話をされ安定した愛情を受けて育つと
安定した愛着が形成されます。

 

この愛着は母親との関係だけではなく
それ以外の対人関係の
基本ともなっていきます。

 

母親との関係が安定していると
対人関係全般が安定しやすいのは
愛着が形成されているからです。

 

愛着の安定性は
対人関係の他にも
安心感や信頼感、
ストレスや不安に対する抵抗力、
生涯にわたる
心身の健康や平均寿命まで
作用するとされています。

 

愛着には個人でスタイルがある

特に1歳半くらいまでの関わりが
大事とされていますが
その後の体験の影響も強いです。

 

特に影響が大きいのは
両親の夫婦仲とされています。

 

親の離婚は子供の愛着の安定性に
ダメージを与えやすいです。
いじめのような安定感を脅かす体験も
愛着不安定にします。

 

逆にいつも必要な時に守ってくれる
安全基地となる存在を持つことで
愛着が安定しやすくなります。

 

10歳代後半にはあなたの愛着スタイルは
ほぼ確立されます。

 

愛着スタイルには安定型と不安定型がある

特に不安定型の中には
親密な関係を避ける回避型。

 

人の関心や愛情を過度なまでに
求めようとする不安型。

 

人に見捨てられるものを恐れつつ
甘えられる人を求めようとする恐れ回避型
があります。

 

 

愛着は恋愛や結婚に大きな影響を与える

愛着スタイルというのは
生活のあらゆる面をいつの間にか
支配しています。

 

特に影響が大きいのは
親密な人間関係が求められる
恋愛や結婚といった領域です。

 

愛着スタイルは一旦出来上がると
7割位の人で変わることがありません。

 

しかし3割位の人では変動が見られます。

 

安定型だった人が
不安定型に変わることもあれば、
不安定方だった人が
安定型に変わる場合もあります。

 

その場合、最も影響が大きいのは
配偶者やパートナーとの
関係だとされています。

 

愛着不安定な場合も
配偶者や恋人との関わりの中で
それも安定したものに変えていく
チャンスになるのです。

 

しかし、多くの場合
愛着不安定な者同士の恋愛や結婚は
困難が多く破滅的な結果に
陥りやすいのが現状です。

 

不安定な愛着を抱えている人は
愛着が安定した人と過ごすことで
が安らぎを手に入れやすくなります。

 

いずれにしてもカップル間の
愛着を安定させることが
恋愛の成就だけでなく

 

互いの幸せや社会的成功にも
つながっていきます。

 

なぜなら愛着が安定するという事は
お互いが安全基地としてうまく
機能していると言うことであり

 

安心の拠り所を持つことで
どちらも力や可能性を
発揮しやすくなります。

 

そして力や可能性を
発揮できるかどうかは
お互いがお互いの安全基地と
なれるかどうかが
2人の関係の未来を
決定づけるとも言えるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

人格(パーソナリティー)は恋愛に驚くほど影響がある

その人その人で
何に価値を置くかということは
当たり前かもしれませんが全く違います。

 

愛着スタイルを含め
人格が(パーソナリティー)が違えば
恋愛の仕方も違います。

 

価値観があまりに
かけ離れていると
話をしていてもどこか
すれ違いを感じますよね。

 

実は価値観というのも
パーソナリティのタイプに
よっておおよそ決まります。

 

愛情第一に考えるタイプもあれば
利益が損得を第一に考えるタイプ、
または
理屈に合うかどうかを
第一に考えるタイプの人もいれば
義理人情や世間体を
重視する人もいます。

 

自己実現に重きを置く人もいれば
家族や組織のためなら
責任を果たそうとする人もいます。

 

そのタイプが良いとか
悪いとかいうことではなく
それぞれの人格によって
大切にするものが
違うということを知っておくことが
重要です。

 

まとめ

恋愛は親の影響を受けやすい理由について
愛着形成という視点で
書いてきました。

 

特に母親との関係が
今後の恋愛に
大きな影響を与えます。

 

この話は聞いたことがあるかもしれませんが

 

「相手のことを知りたいのであれば
その人の母親を見ること。」

 

ということが言われています。

 

それだけ母親の影響は
大きいということですね。

 

恋愛というのは
いろいろと感情をあなたに
もたらしてくれます。

 

嬉しいことも悲しいことも
一人のときとは違う量と質だと
思います。

 

相手のことを知りたいと思う気持ちと
同じくらい自分のことを知っていく
気持ちが大切です。