恋愛で失敗を繰り返す。その特徴を精神科視点で考えてみた。

こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

精神科で勤務していると
10代後半から20代の人とも
関わることが度々あります。

 

その中で女性に多い悩みの一つに
「恋愛」があります。

 

とくに恋愛も同じ失敗を繰り返すであるとか
いつもよく似た人を好きになって苦労するとか

悩みを打ち明けられることがあります。

 

精神科では
やはり運命とか運のような
抽象的なものではなく
やはり個人それぞれの特徴のある
人格(パーソナリティ)を考えることが
多いです。

 

精神科作業療法でも個人のもつ
特徴を捉えることを考えています。

 

今回は恋愛で同じ失敗を繰り返してしまうという
悩みについて個人のもつパーソナリティ(人格)という
視点から考えていきます。

 

恋愛で同じ失敗を繰り返す人の特徴

男運が悪いとか女運が悪いといって
嘆く方がいます。

あるいはなかなかいい人と縁がなくて
出会う機会がなくてとこぼす人も少なくありません。

 

また好きになってもいつも片思いばかりで
恋愛が成就しないとあきらめる人思います。

 

どうしてうまくいかないのでしょうか。

 

実はこうしたケースには
共通する問題があります。

 

男性運が悪いとか女性運が悪いとか、
運のせいにしている人の話をよく聞いてみると

同じようなタイプの相手ばかりを繰り返し
選んでいることが多いです。

 

本人は相手が変わったんだから
今度こそ幸せが待っているのではないかと思い
関係に入るのですが、相手が別人になったと言うだけで
相手の本質的な部分が同じなので
同じようなことが起きます。

 

つまり相手を人格を見分ける目がなければ
同じような相手を選んでいても
自分では新しいタイプの人を
選んだ気になっているのです。

 

パーソナリティ(人格)という偏り

出会いのチャンスがなくてとか
片思いばかりとか嘆いている人の場合は
大きな錯覚があります。

 

出会いに恵まれている人は
たまたまいい人と出くわす機会が多く
良縁が自然とやってくる幸運な人で
出会いがない人は
自分を好きになってくれる人が
目の前に現れない人という錯覚です。

 

恋愛がうまくいかない人は
いつも同じようなパターンを
繰り返しています。それは何故でしょうか。

 

その一つに
パーソナリティーの偏りが原因があります。

 

人は自由な意思を持つ存在です。
何事にも縛られずに、
自由に考え決断し行動することができるはずです。

 

しかし現実は違います。
感じ方や考え方も決断や行動の仕方も
実は知らず知らず意識しない何かに
縛られていることが多いです。

 

本心とは違う選択をしてしまったり
1番望んでいることを最初から
諦めてしまったりすること縛りの一つですね。

 

またあんなに後悔したはずなのに
また同じような失敗をしてしまったと
言うこともしばしばあります。

 

幸福な人生を願いながら生きているはずなのに
わざわざ幸せを遠ざけてしまうような
生き方をしてしまっているのです。

 

人が運命と感じるもののを多くは
実は自分自身のパーソナリティーの偏りが
生み出したものです。

 

スポンサーリンク

パーソナリティーはそう簡単には変わらない

パーソナリティ(人格)は
それぞれ固有の受け止め方、感情、行動する形を持っています。

 

このパーソナリティは
18歳過ぎた頃にはほぼ固まります。

 

責任感がとても強い人がいれば
とてもいい加減で都合が悪い事は
すぐ人のせいにする人もいます。

 

自信たっぷりの人もいれば
自信がなくいつも失敗するのではないか
人から非難されるのではないかと
恐れている人もいます。

 

人付き合いが活発で
コミュニケーションを楽しむ人もいれば
1人でいるほうが
気楽で必要なこと以外はあまり
話しをしたくない人もいます。

 

こうしたそれぞれの特性が組み合わさって
1つの人格が作られるのですが

 

パーソナリティーのおよそ半分は
生まれつき持った遺伝的なことで
決定されると言われており

 

あとの半分は生きている時間の中で
身に付けた性格であり
あなたが育った環境によって
大きく左右されていると言われています。

 

この両者が混じり合って
パーソナリティーというものが
出来上がるということです。

 

一旦このパーソナリティーが出来上がると
そう簡単には変えられない安定性を持ちます。

 

この安定性が良くも悪くも
その後の人生や恋愛に大きな
影響を与えていきます。

 

まとめ

恋愛で同じ失敗を繰り返すという悩みについて
パーソナリティ(人格が)大きく影響しているという
ことを書いてきました。

 

パーソナリティは一度形成されると
なかなか変更はできないのですが
逆にいえば自分の人格を知るチャンスでも
あるわけです。

 

自分はどういうタイプで
何をしているときが嬉しくて
何をしているときが悲しいのか、

心が動くことはなにか。
相手にされて嬉しいことはなにか。

 

自分を向き合うことで
自分自身の人格について
振り返ることが重要です。

 

ちなみに
恋愛については
私も人並みくらいはしてきました。

 

その中で当たり前のように
傷つくもありましたし
傷つけられることもありました。

 

しかし、それは自分の人格や
相手の人格を違うのだから当然ですよね。

 

実は悩みを聞きながら私自身も
同じような人を好きになっていたように
思います。

 

ただ、言えることは
自分を知るということは
結果、相手も知れるということになります。

 

ということは
相手を知るために
自分を知る必要があります。

 

恋愛で悩む人に今一度
自分自身のことについて
振り返ってもらえたらと感じています。