依存症と孤独。他人事ではない現実をお伝えします。

 

どうも、こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

私はアルコール依存症専門病棟で
働いていることもあって
依存症の勉強会にはよく参加しています。

そして、実際に患者さんにも接しています。

 

酒を飲む理由は
いろいろな要因があるのですが
大きな特徴として

孤独から疎外感を感じている人
が多いように感じています。

 

そして、依存症という病気は
特定の人がなるというわけではなく
誰もがかかりうる危険性をもっています。

 

特に、なんでも一人で行動しようという
考えが強い人が要注意です。

 

ここでは、依存症となりやすい人は
孤独から疎外感を感じやすい
ということについて書いていきます。

 

依存症は増加傾向にある

厚生労働省始めとする統計を見ると、
近年、日本の依存症患者の増加には
著しいものがあります。

 

様々な推計値で行くと、
アルコール依存症の疑いがある人は900万人、
治療の必要性がある
アルコール依存症の患者は100万人、

ギャンブル依存症者は530万人、

インターネット依存症の疑いがある人は
中高生で50万人、成人は400万人、

ニコチン依存症者は1487万人もいると
考えられているのです。

 

その他、ゲーム依存
処方される睡眠薬や安定剤などの薬物依存
買い物依存、何らかの形で
依存症にかかっている人

全て合わせると3000万人を超えてきます。

これは外国と比べても非常に多い数字です。

 

しかし、おそらくこれを読んでいるあなたは、
依存症なんか他人事だと思っているでしょう。

 

しかし、依存症と言うのは
誰でもかかり得る病気です。

しかも、孤独と非常に
密接な関係があります。

 

依存症と名前のつくものの大半は
一人でやるものです。
買い物依存症の人が、友達と連れ立って
仲良く買い物しまくるという話は
あまり聞いたことがありません。

 

実際、人と一緒に楽しめる人は
依存症になりにくいとは言われたりします。

 

脳のプログラムだけ書き換えられてしまう

依存症と言うのは、飲酒や薬物、
買い物での行動コントロールできなくなり、
衝動的、強迫的にそれらを
繰り返してしまう精神疾患です。

 

大量のアルコール摂取で身体を壊そうが、
家族に迷惑をかけようが、
仕事に差し障りがあろうが、
これ以上飲んではダメだとわかっていても、

自らの意思で飲酒行動を
コントロールできなくなってしまいます。

 

依存症の怖いところは、
このように健康を害したり、
借金をしたり、仕事ができなくなったりして
社会生活を送るのが難しくなるだけでなく、

他の依存症を併発して
複合依存になりやすく、
自殺傾向が強まったりすることです。

 

さらに、本人だけでなく
周りの人への影響も非常に大きく、
ギャンブル依存症の調査では

本人だけではなく配偶者の15%まで
うつ病などで精神科にかかっている
報告まであります。

 

ではなぜこれらの行動に
制御できないほど
依存してしまうのでしょうか。

 

飲酒やギャンブルといった行動起こすことで、
人の脳内にはドーパミンが
大量に放出されるからだとされています。

ドーパミンを快感物質とも呼ばれ、
快感を得たいが為に
その行動を繰り返してしまいます。

 

人は本能的に承認欲求を満たした生き物です。
誰かに認めてもらいたい。
嫌なことがあったら慰めてもらいたい。
愚痴の1つでも聞いてくれる相手が欲しい。

そして接している間は、
嫌なことのストレスから
心が解放されているわけです。

 

しかしそういう相手が得られなかったり、
自分が認められているとは思えない時や
誰からも必要とされている時間がない場合、

人を遠ざけて
モノや行為によって代替えしようとします。

 

その時最も効率が良いのが
ドーパミンが大量に放出される行為です。

 

さらに厄介なことに、
最近の研究では依存症になると、
脳のプログラムが
書き換えられるてしまうという説が有力です。

 

私たちは
やらなければいけないことがあるとき、
それが少々重荷に感じられても、
今我慢すれば、後で幸せは得られると
思って実行します。

これさえ終われば好きなことができるとか、
これが完了すれば周囲から評価されるといった、
報酬を励みに頑張ります。

そして今頑張っていること自体が快感になります。
これが脳の報酬型という作用です。

 

しかし依存症の患者さんの脳では
この報酬系のプログラムが、
今の快楽に飛びついてでも、
快楽を得てしまおうというように

書き換えられてしまうということです。

 

さらに依存対象がもたらす刺激には
脳が過敏に反応するのに、
それ以外の行動には反応が鈍くなって
しまうということもわかっています。

 

依存症の人がアルコールやギャンブル以外に楽しみを見出そうとしても、脳が反応してくれないのでより一層依存行動から抜け出しにくくなってしまうということです。

 

スポンサーリンク

依存先を「人」に変えていく

日本では意思が弱いから
依存症になるのだと語られたりもしますが、

依存症に性格は関係ありません。
どんなに意志が強い人でも
かかる可能性のある疾患です。

 

いちどかかってしまったら
根治はなかなか難しいです。

 

最も重要なのは、
依存症にかからないように
予防しておくことです。

 

非常に興味深いのですが、
依存症の治療で効果を上げるためには

依存対象を人へ移すことが肝心です。

 

誰かに頼ることは甘えではない

人への依存とは一体どういうことでしょうか。

依存と言うと自立の反対語と捉えがちで、
ネガティブなイメージがあるかもしれません。

 

人に依存すると言えばなおさら、
どちらかがどちらかにべったりと持たれかかり、
甘えるような関係がイメージされるでしょう。

 

しかしここでイメージしていただきたいのは、
頼るというのは「親友との関係」に近いです。
お互いにお互いを頼り合える関係のことを指しています。

 

人間はもともと人にも物にも
様々なものに依存しないと生きていけないのです。

 

普段意識していなくても
人間は様々な人様々なものに依存して暮らしています。

私たちは、この点を
肝に銘じておく必要があります。

 

その依存先がたくさんあって
一つ一つへの依存度が浅い人ほど、
自立できている人であり

孤独をうまくコントロールできる人です。

 

中でも最も安全で最も孤独に対処する効果があり、
副作用がほとんどなく、
私たちの内面に自信と落ち着きを与えてくれる。

 

それが人への依存です。

 

依存症というのは、まさにその依存先が
限られてしまったためにかかる病気です。

たくさんあるはずの依存先が限られ、
うまく機能しなくなり、人ではなくモノや行為に
依存してしまうと依存症になってしまいます。

 

孤独と上手に付き合える人ほど
依存できる人やものが多いのです。

 

まとめ

依存症と孤独ということについて書いてきました。

 

本来、人はいろいろな場所や人やモノに依存しています。

 

例えば、家族であったり、
友達であったり、同僚であったりです。

場所では仕事先であったり
休憩場所であったりカフェだったりです。

 

依存先が狭くなれば、
簡単に、すぐに気分がよくなる、
飲酒や、薬物、買い物などの
行動をとりがちになってしまいます。

 

たくさんの人や、場所やモノに依存することで
私たちはバランスをとっています。

 

どれか一つに偏ると心身共に
バランスが崩れてしまいます。

人によってこのバランス感覚は違いますので、
自分のちょうど良さをみつけていくために、

自分と向き合っていくということが大切だと考えています。