全員に好かれたい。幻想に囚われてしまう心の動きとは?

 

どうも、こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

人間関係の悩みを感じるときは、無意識に全員の人に好かれることを望んでいるかもしれません。

 

ここまで極端でなくても、好かれたい気持ちは誰もが持っていると思います。

 

この気持ちは、とても自然なことなのですが、偏りすぎるとストレスの原因にもなります。

 

 

全員に好かれる事は正義か?

あなたは普段誰かに好かれているか、嫌われているかを気にしてしまうことありますか?

 

嫌われたくないと思い込んでしまうと、かえって人間関係をうまくいかなくなってしまうものです。

 

「嫌われたくない」という思いの背景には「全員に好かれなくてはいけない」という思い込みがあります。

 

2・6・2のバランス

あなたの知っている人を10割として、あなたは好意的に思っていたどのぐらいいるでしょうか。またあなたを嫌っているとどのぐらいますかそれを示しているのが2・6・2のバランスの法則です。

2割 あなたをとても大切に思う人

6割 あなたは特に何とも思わない人

2割 あなたのことが嫌いな人

 

あなたはどんな状態であれ、あなたのことを嫌いになる人が2割いても不思議ではないということです。

 

ですので、嫌いと言われたら私のどこが悪いのかと必要以上に自分を責めたり傷ついたりする必要もありません。

 

あなたがどんなに魅力的な人でも、どんなに頑張っていても、100人全てから好かれようとする事は不可能です。だからこそ人に嫌われるのしまうというのは落ち込むことではないと知っておくことです。

それが自分自身を大切にするという事でもあります。

スポンサーリンク

自分がどう生きていきたいのかを知る

 

あなたの人生は一度です。どうであったとしても2割の人からしか好かれないのに、残りの8割の人を気にしても仕方ありません。

 

人間関係の法則というのがあります。

 

1,みんなから疲れた人は歴史上誰もいない
2,みんなに嫌われた人も同様にいない
3,みんなに好かれたいと思うのは幻想である
4,みんなに嫌われていると思うのは妄想である

 

人はあなたが気にしてるほどあなたに関心はないです。なぜなら人は自分のことで精一杯だからです。

他人の顔色よりも、もっと自分の心が喜ぶことをどんどん挑戦していったほうがよっぽど有意義に過ごせます。

 

あなたはどんなことをしようと、どんな人であろうと、ますます好きになる人もいれば、逆にますます嫌いになる人もいるんです。

 

人生は完璧ではないです。あなた自身も完璧ではないです。そして近所の人も完璧ではないです。完璧でない者同士お互いに迷惑をかけあっていくのが当然です。

 

人に嫌われているかどうかではなく自分の命をどう使って生きていきたいか、意識を他人目線から自分目線に少しずつずらして行けたら楽になれます。

 

嫌いな人は必ずいます

生きていると、好きな人ばかりではなく嫌いな人も出てきます。傷つかない心を作るためには、苦手な人との距離感の取り方も学ぶことが必要になります。

 

人間関係がうまくいかない人の特徴として人との距離がうまく取れないことが挙げられています。気が合わない人と上手くやろうとして距離を知覚しすぎてしまい、ものすごく嫌な気持ちになってしまう。苦手な人であればあるほど距離感を図るのがとても難しいものです。

 

そんな時は近寄らない、関わりたくない、なんとなく流す。

 

このように関係自体を持たなくていいと私は思っています。

 

ただ、もし人間関係の悩みを突破したいなら、苦手な人とどうしてもかからないといけない場面が出てきます。もしかかるとしたら次の2つの接し方後どちらの方があなたの心をとって居心地がいいですか。

 

普段通りの自分で関わりたくない気持ちを隠して接する
関わるしかないと思ってラッキーと思って関わる

 

前者でも、対応としては十分に努力しています。ですが心に楽になるのは後者だと思います。

 

どうしてもかからないといけないなら、その人の存在は自分のそんなにどんなプラスになるか少し考えてみてください。

 

嫌な人は自分が変われるきっかけになる人です。

 

学ぶことを学んで吸収しようと思えば、マイナスの存在からプラスの存在に変わっていきます。つまり相手の存在がただの迷惑な存在がありがたい存在に変わります。

 

まとめ

全員から好かれたいという気持ちについて、書いてきました。

 

気持ちのバランスが崩れている時は、全員から好かれたいと感じてしまい、逆を言えば誰からも嫌われていると感じてします。

 

もし、仮に全員に好かれているという人がいるとしたら、あなた自身もその人のことが好きということになります。

 

実際に、あなたも好きな人がいて、苦手な人がいると思います。

 

苦手な人もどうしやってなかなか好きにはなれません。

 

それでいいのだと自分を認めてあげるのが大切だと思います。

 

芸能人でも大好きなファンがいれば、アンチな人もたくさんいますよね。

 

全員に好かれる人はいませんし、その逆に全員に嫌われる人もいません。