失敗したくない。人に決めてもらいたいと感じる裏の気持ち

こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

突然ですが、あなたは失敗したくないと
感じることはどのくらいありますか?

 

現代はネットの普及により
たくさんの情報が簡単に手に入る
ようになりました。

 

いろいろなサイトでは匿名を使い
自分の悩みを相談する人も増えていますよね。

 

相談できる場所が増えたというのは
とても大切なことです。

 

しかし、相談サイトに悩みを
書くことで誰かに決めてもらいたい
という依存の気持ちが強くなっている
のでは感じることがあります。

 

それは内側の気持ちとして
「失敗したくない」という
気持ちの現れでもあったりします。

 

失敗したくないに囚われて
何でも人に相談して決めてもらおうと
している人に向けてぜひ知っておいて
ほしいことがあります。

 

相談することで安心を得たい心理

インターネット上では
お悩み相談は非常に盛んです。

 

お悩み相談サイトを見ると
たくさんの悩みに対して
たくさんの素人の人や専門外の人たちが匿名で
主観的な意見を書いています。

 

質問、相談の中にはそんなことを
他人に決めてもらっていいのか?と驚くほど
シビアでシリアスでディープな相談も見受けられます。

 

シリアスでディープな悩みであるが故に
失敗したときに「責任を取りたくない」
「誰かに責任転嫁して心の負担を軽くしたい」
という心理が働いています。

 

ネット上で相談すればときには
何十、何百もの答えが得られます。

 

多数派の意見を参考にすれば
失敗のリスクを検証することができると
考えているのかもしれません。

 

しかし、誰もあなた以上にあなたの問題の
本質を知っているわけではありません。

 

更にあなた以上に考えてくれている
わけでもありません。

 

もし失敗したとしても
もちろん誰も責任をとってくれるわけでは無いですし
サイトの投票でベストアンサーが選択されたとしても
その答えを採択し行動するかどうか
最終的な決断を下すのはやっぱりあなたです。

 

あなたの人生の主人公はあなたである
と言うことを忘れてはいけません。

 

スポンサーリンク

 

自分で決断する勇気をもつ

もしあなたに部下がいるのなら
あなたの決断が部下の運命を左右するかもしれません。

 

あなたに家族がいるのなら
あなたの決断は家族の人生を左右するかもしれません。

 

年齢を重ねれば決断に対する責任の重みが
増すのもある意味、仕方のないことです。

 

それでも決断しなければならない時は
あなたが決断しなければいけません。

 

あっちにしようか、それともこっちだろうか、
分からない。怖い。誰か決めて欲しい。

 

そのようになかなか決断できない原因は
自分でどっちかに決めて失敗したらどうしようか
〇〇しなかったらどういうことになるだろうと
いう恐れが心の奥底に渦巻いているからです。

 

しかしそのような恐れは、
たいていは単なる取り越し苦労に終わることが多いことが
ほとんどです。

 

自分に自信が持てるようになると
自分の未来についてむやみに
悲観的になりにくくなります。

 

うまくいかなかったと思える事態が
たとえ起きたとしても
小さな失敗が気にならなくなり
失敗から何かを学ぼうと
失敗を肯定的に捉えるようになります。

 

まとめ

失敗したくないという気持ちは
誰もがもっているものです。

 

目的に向かって
一つの障害もなく安心して
行動していきたいという
気持ちも理解できます。

 

しかし、何か行動を
起こす以上予想外のことであったり
うまくいかないと感じる出来事が
起こるものです。

 

知らなかったという事を
出来る限り少なくする
準備の気持ちはとても重要です。

 

しかし、それはあくまで準備である
ことを忘れてはいけません。

 

いろいろな情報を
集めた上でどう行動するか
最後に決断するのはあなたです。

 

あなたの人生の鍵取りを人に任せては
いけません。

 

もちろんそれで失敗するかもしれない。
上手くいかないかもしれません。

 

しかし
この世の中に失敗せずに
人生を歩んでいる人は皆無です。

 

あなたの知らないところで苦労して
悩んでいる人がとても多いですよ。

 

自分だけがとつい考えがちですが
私は精神科に勤務していて
同じような悩みを持つ人を
たくさん見てきました。

 

自分の悩むことは
他の誰かも同じくらいに悩んでいます。

 

これは私が思っていることですが

生きるということは体験することです。

 

体験には嬉しいことばかりではありません。
失敗して悲しい気持ちになることも
また大切な体験です。

 

失敗しても
自分の決めた体験ができたことには
変わりないです。

 

ぜひ覚えておいてほしいです。