こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

本日のテーマ

ここにタイトル
「頑張っていると自分は認めたくない」

という気持ちについて
考えていきたいと思っています。

 

このテーマは実は私が以前
全く同じ気持ちを感じていた
体験があるからです。

 

人に頑張りを
認められないのから悩むのではなく

自分で自分の頑張りを
認めたくないという気持ちが強くて
しんどい思いをしていたのです。

 

実はまだこの気持ちが
全くないわけではありません。

 

今も時々あります。

 

しかし
私なりの対処をしているので
すぐに修正ができます。

この記事では

 

この記事のポイント

頑張る自分を認められない原因

頑張る自分を認める4つの対処法

 

を書いていきます。

この記事を読んでいるあなたに
少しでも参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

もっと頑張れるという気持ちが強い

あなたはこんな気持ちになったことが
ありますか?

あなたの心
「周りは頑張り屋って言ってくれるけど
私はまだまだもっと頑張れる。」

どうでしょうか。

 

もし感じたことがあるのなら
あなたは本当に自分に厳しく
向上心がある人だと思います。

 

これはとても
素晴らしいことです。

 

しかしながらこれは無意識に
無理して頑張り続けている
ことも事実です。

 

もし、これを読んでいるあなたが
心のどこかでしんどさを感じながらも
もっと頑張れると思っているのなら
危険信号かもしれません。

 

この考えでは
長い人生で頑張り続けることは
難しいことだからです。

他人と比べると自分はまだ頑張っていない

頑張っていることを認めたくないのは
他人と比べて自分の頑張りは足りない。

 

という気持ちをもっていることが
あります。

 

自分によく似た人が
自分よりももっと頑張っているように
見えて自分がまだまだ
頑張りが足りないと
感じてしまうことって
ありませんか。

 

最初は自分のために
努力していたことが

 

だんだん相手と比較して
相手よりもっと頑張らないと
いけないと無意識に
勝ち負けになっていることがあります。

 

何のために頑張っているのか
見失ってしまっているケースです。

自分の決めた最初の目標にこだわりすぎている

あなたが頑張っている理由は
最初に決めた目標に到達したいから
今、頑張っていると思います。

 

しかしその目標を決めた時の
自分と今の自分の体調は
どうですか。

 

変動したり
落ち込んでいたり
やる気が起きなかったり
していませんか。

 

ポイント
人は常に変化しています

最初に決めた目標は
その時の自分だから
決めた目標かもしれません。

 

今のあなたの状態が
最初に比べて大きく
変化しているのにも関わらず

 

最初に決めた目標に
こだわりすぎることは
とてもしんどいことです。

 

ここまで頑張っていることを
自分で認められない原因について
いくつか挙げてきました。

 

もしあなたが1つでも
当てはまるのなら
改善することが必要になってきます。

 

その対処法について
考えていきたいと思います。

 

すでに頑張っている自分を認めてあげる

あなたはすでにここまで
頑張ってきました。

 

まずそのことをあなた自身が
認めてあげてください。

 

もっと頑張れるとムチを叩きながら
頑張ってきたこと。

 

他人と比較しながらも頑張っていたこと

 

自分の決めた目標を頑なに
守り続けてきたこと

 

どれも素晴らしいことです。
結果がどうであれ
まずはこの過程が非常に
大切です。

 

本当によく頑張っています。

 

そう自分で自分の
頭をなでてあげてください。

 

頑張ってきた過程を
認め自分で自分に
ご褒美をあげても
いいかもしれません。

 

もしこれが行動に
出せなかったとしても

 

ここがポイント
頑張らないといけないという感情が浮かんできただけでも
素晴らしいこと
なんですよ。

 

頑張ることを他人に評価される為にしない

あなたの頑張りは
他人と評価されたいから
していた頑張りでしょうか。

 

もちろん誰かが
認めてくれてそれを言葉に
してくれた方が嬉しいと思います。

 

しかし
人に認められることが目的に
なっているのならそれは
少し考えの修正が必要です。

 

あなたはあなたが叶えたい
目標に向けて頑張っていたはずです。

 

あなたは誰かが認めてもらいたくて
頑張っているに変わっているのなら

 

もう一度自分が
今ここまで頑張った
最初の目的を思い出してみてください。

目標は細かく分けて設定する

最初に決めた目標に到達するために
頑張るのは非常に大切なことです。

 

しかしその目標達成のために
自分の今の状態を考えて
修正することももっと大切です。

 

例えば
ほんの少しでも行動に起こせたら
もうそれだけで一つのゴールとする。

 

極端な話
頑張ろうと少し焦ってしまうけど
何もできない時があったなら

ここがポイント
頑張ろうと焦る気持ちがあっただけでも良しとする

本当に投げ出したなら
焦る気持ちは起こらないからです。

 

それだけあなたは掲げた
目標に向かっているこということです。

支援してくれている人に話し聞いてもらう

自分の今の状態で何を
行動に移してきたか

支援してくれている人に
話してみるのも大切です。

 

家族でも友人でも彼氏でも
医療関係者でもカウンセラーでもいい。

 

自分がしてきたこと。
考えていること。
感じていること。

 

言葉にまとまらなくてもいい。

 

ただ口に出してみる。

 

人に話すというのは
自分の声を自分で聞くことで
整理できることがあります。

 

自分の頭を整理するために
人に話を聞いてもらうというのも
とても大切な作業です。

 

まとめ

頑張っている自分を認めたくないという
思いについて考えてきましたが

いかがだったでしょうか。

 

私は思いますが
この世に頑張っていない人なんていません。

 

頑張りの幅は人によって違います。

 

朝、起きること
人と話すこと
外に出かけること
風呂に入ること
眠ること
仕事をすること
初めての場所にいくこと
大勢の前で話すこと

 

その人によって
頑張りはおおきな幅があります。

 

あなたはあなた自身が今
頑張ってきたことを
認めてあげてくださいね。

頑張っている自分を認めれずに悩む女性