ありがとうとごめんなさいが言えない人。心の内側を考えてみた

感謝とはありがとうと謝る気持ちと書いた紙を見ている

こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

今日はタイトルの通り
ありがとうとごめんなさいが言えない人の
心の内側について考えていきたいと思います。

 

実際に患者さんと話していたりする中で
この二つの言葉が言えなかったり
言われなかったりすることが多いという
話しをよく聞きます。

 

よく
コミュニケーションを円滑にするためには
感謝の心を持ちましょう。

ということを本やネット、学校の先生も
言うことがありますよね。

 

あなたも聞いたことがあると思います。

 

感謝するという言葉から
連想するのはやはり

ありがとう」という言葉が
その代表ですね。

 

感謝には「ありがとう」以外にもう一つ
あります。

 

それは「ごめんなさい」です。

 

この二つの言葉が言えることで
初めて感謝を相手に伝えることできます。

 

どういうことなのか詳しく書いていきますね。

 

ありがとうとごめんなさいが言えない人

ありがとうとごめんなさい

感謝と言うと「ありがとう」ですが、
実は「ありがとう」だけでは
本当の感謝ではありません。

 

感謝には謝るという文字が入っていますが

本当の感謝の意味は
「ありがとう」と「ごめんなさい」の
両方の気持ちを素直に伝えられることです。

 

「ありがとう」と「ごめんなさい」の心理

コミュニケーションは相互通行で成り立ちますが

ありがとう」は自分が相手から受け取っている状態。

ごめんなさい」は自分を相手に差し出している状態。

 

どちらも矢印が一方通行です。
これではコミュニケーションになりません。

 

ありがとう」と「ごめんなさい」の

両方の気持ちが伝えることが出来て
初めて相互通行になります。

 

「ありがとう」は言えるが「ごめんなさい」は言わない。

ありがとうとごめんなさいを言わない

人によっては「ありがとう」は連発して言えるのに
「ごめんなさい」を言う抵抗を持つ人がいます。

 

そういう人の心の内側で多いのは

「ありがとう。私はあなたの気持ちを受け取ってあげた」
と認識していることが多いです。

 

「ありがとう」は、自分と相手の立場が対等か
もしくは自分の方が上の場合にも使われます。

 

これに対して「ごめんなさい」は、
自分を相手に差し出す事ですから
自分を相手より対等以下におかないと
言えない言葉なのです。

 

ですから、ごめんなさいを言わない人は
勝ち負け、優劣で人間関係を考えている人です。

 

その人があなたにとって大切な人ならば
もっと素直に
「ごめんなさい」を言ってみてみてください。
勝ち負けなんてどうでもいいことです。

 

仕事でお客さんや上司には
申し訳ございませんでしたと言えるのに
大切な家族や友人に言えないのは
おかしな話しです。

 

自分にそのつもりがなくても
相手を傷つけてしまうこともあります。
そんな時相手に向かって
「あなたの勝手な思い込みでしょう」と
言ってしまったら、
その人との信頼関係が崩れておしまいです。

 

言い訳ばかりを先に言っていたら相手は
心を閉ざしてしまい、聞く耳を持ってくれません。

 

素直にごめんなさいと言えば
相手もこちらの言い分を聞いてくれる。
そして誤解が解ける。信頼関係はこうやって
築かれていくものだと思います。

 

 

スポンサーリンク

ごめんなさいばかり言う人

ごめんなさいばかり言う人

逆に本来「ありがとう」と言う所で
「すみません」や「ごめんなさいと」と
言う人がいます。その人の心の内側で多いことは

「ごめんなさい。こんなダメな私でも見捨てないでほしい。
嫌わないでほしい。」です。

罪悪感を感じやすい。幼少期の体験が大きく影響している?

この人の中では、
いつも自分は相手より下の存在なのです。

 

「ありがとう」だけでは、いつも自分が相手より上で
優越感に浸っていないと気がすまない人も

ごめんなさいばかりで
いつも自分を相手を下に置いて
おびえている人も

 

幸せには気づきにくいです。

 

「ありがとう」、「ごめんなさい」の
両方がなければ
本当の感謝とは言えませんし、
相手に伝えることもできません。

ありがとうとごめんなさいの両方が言えない人

どちらの言葉を
伝えることができない人がいます。

これは
プライドを維持したいだけ
相手の気持ちが分からない

が考えられます。

プライドを維持したいだけの人

プライドが高い人は
ありがとうと言わなくても
分かるでしょと考えていたり

 

ごめんなさいと
自分を差し出す言葉になると
自分を否定することだと極端に感じ
言いたくないと考えている傾向があります。

 

こういう人は

自分のことしか考えることが
できない人です。

自分だけがよければ
それで良いと思っています。

 

今あるものが
当たり前にあると思っています。

 

相手の気持ちが分からない

相手の気持ちを汲むことが
できずに感謝を伝えることが
できないパターンです。

 

これはいろいろな要因が
あると思いますが

病気を疑うことも
視野に入れないといけないですね。

 

発達障害を持っている人は
この傾向が多く見られます。

 

この場合は
病院に通い支援を受けることで
改善を余地があります。

 

ただ独自に判断することなく
一度病院へ受診することが
大切です。

 

まとめ

ありがとうとごめんなさいを言えない人
の心の内側を考えてきました。

 

あなたが感謝を伝えることは
この二つの言葉をしっかり言えることです。

 

どちからに偏っても伝わりにくいと
考えています。

 

あなたはどうですか?

 

大切な人に
ありがとうとごめんなさいと
言えてますか?

 

よく相手が言わないから
私も言わないという人が
いますが、それは間違いです。

 

まずは自分から伝えることです。

 

ありがとうとごめんなさいを
自分で伝えること。

 

そして自分が感謝を伝えたいから
この言葉を使っていることを
あなたの大切な人に教えてあげてください。

 

すると相手も
心には何か響くものがあります。

 

ありがとうとお礼を言われ

ごめんなさいと素直に間違いを
認めることができる。

 

素敵な言葉です。

 

変なプライドを維持したいために
この素敵な言葉を言わないのは
とてももったいないと私は感じています。

ありがとうとごめんなさいが言えない人