こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

本日のテーマは
「頑張ることは無理すること?」について
私なりの考えていることを
書いていきますね。

 

そもそもなのですが
頑張るという意味と
無理するという意味について
考えていく必要があります。

 

「頑張る」とは
困難にめげないで
我慢してやり抜く。
自分の考え・意志を
どこまでも通そうとする。
我 (が) を張る。

 

「無理する」
とは
実現するのがむずかしいこと。
行いにくいこと。
しいて行うこと。
押しきってすること。

 

エネルギーが枯渇するまで頑張る病気

エネルギーが枯渇するほど
頑張りすぎて
無理をするとうつ病のリスクは
高まります。

 

うつ病と言うと
心が弱い人がなると
思われがちですが、
うつ病は心身のエネルギーが
なくなるまで
働くことで発症する病気です。

 

心の弱さに関連はありません。

 

うつ病がなぜ心の病気ではなく
体の病気の1つがあるのかを、
発症から回復までのプロセスを
たどりながら考えていきたいと思います。

 

うつ病が現代病の1つに
数えられるようになった要因として

 

緊張状態にある時間が昔に比べて
非常に長くなったことが
挙げられると考えています。

 

つい150年ほど前まで
人は暗くなったら
活動停止して眠り、
太陽が昇って明るくなったら
また活動するという
サイクルで生きていました。

 

ところが今や電気の存在によって
24時間どの時間帯でも活用できます。

 

漆黒のような暗闇を体験する事は
今ではほとんどなく
いつも照らされた電気の下で
多くの人が深夜遅くまで
昼間のように働き続けています。

 

また、最近では世界のニュースが
リアルタイムでわかったり、
テレビも24時間放送していたりします。

 

 

またスマホの普及から
LINEやTwitter、
メールで世界中の誰かと
常に繋がることも可能になります。

 

 

そうした多忙な生活を送っていると、
真っ先に削られるのが睡眠時間です。

 

スポンサーリンク

 

睡眠は休養の要

寝るというのは休養を司る
基本的な部分がないがしろにされると
エネルギーを補充する
時間が減り
どんどんエネルギー切れの
状態になってしまいます。

 

車ならガソリンが切れて動かない。
動かそうとすれば
給油すればいいわけですが
人間はそういうわけにはいきません。

 

サプリメントや食事といった
外からの栄養補給では
心のエネルギーは補給できないのです。

 

人間にとって

心のエネルギー源は

「休養」です。

 

この休養が追いついていないのに
エネルギーが満タンの時と
同じ状態で動こうとするから無理が生じ
歪みが生まれてきます。

 

その結果、これまで通りの生活が
できなくなるというのがうつ病です。

 

例えばうつ病になった方に原因を聞いて
「わからない」という答えの場合

頑張っているうちに
エネルギー切れになった
典型的なうつ病です。

 

本人も一体いつ
エネルギーが切れたのかが
分からないのです。

 

真面目な人がなりやすいと言われるのは
疲れを感じて
エネルギー切れがわかっていても、
まだ大丈夫と
自分に言い聞かせて使い切るまで
頑張ってしまうからなのです。

 

大丈夫って言うほど大丈夫じゃない。その3つの理由とは?

 

また今日の仕事はどんなに
時間が遅くなっても、
やり切ってしまうとするのも
日本人ならではの
性分がさせることなのです。

 

うつ病の人に対しては
体を形をさせることが必要があります。

 

うつ病の薬を服用すると
眠くなりますがこの効果は
眠って疲れを取るためなのです。

 

エネルギーを使い切らない
生活を送るように心がけること。

 

そのためには自分の心と体の変化を
知っておく必要があります。

 

例えば健康なときには
あまり感じませんが、
エネルギーが切れ気味の方は
気候の変化に非常に敏感です。

 

天気は崩れると体が重くなって
動けなるくなる人もいます。

 

そういう自分の病気の特徴が分かっていれば
いざとなった時なんとか
対応することができるようになります。

 

こうした自分の波を理解して、
その波と上手に付き合っていく事は
うつ病を寛解させるカギとなります。

 

まとめ

なんか話しが非常に脱線した
感じがありますが
まとめますね。

 

私は
頑張ること=無理すること
は成り立つという考えです。

 

ただし
人と比べてというのが
条件でつきます。

 

頑張ることは大切なことですが
やはり自分のエネルギー配分を考えながら
行動することが大切です。

 

人と比べてだと
頑張るは=無理しすぎになります。

 

自分の人生は
人と比べるためにあるわけではなく
自分の為にあるものです。

 

自分の好きなことなら
頑張ると意識しなくても
もうすでに行動しています。

 

仕事がしんどいとよく言われます。
あなたはそのしんどい仕事を
なぜしているのか?

 

お金のためですか?
生活のためですか?
家族のためですか?

 

ずっとしないといけない理由がないなら
一度ゆっくり考えてみてほしいです。

 

一番いけないのは
何となく・・という感覚です。

 

今のあなたは
エネルギー量はどうですか?

 

人と比べて無理していませんか?

 

一度立ち止まることは
全然悪いことではないし
むしろとても大切なことですよ。

頑張ることは無理をするということを風船を握りしめている男性