就職で障害を伝える。面接に自分の言葉で話せるメリット

こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

私は、精神科で入院している人の
就労について支援することがあります。

 

患者さんの
「仕事がしたい」という希望に対して
作業療法士としてできることを
取り組んでいます。

 

就職するとなると
障害を隠していきたいと
希望される方も多いです。

 

確かに障害を告知することで
デメリットとなることもあります。

 

多いところでは
採用がされにくいという意見が多かったり
人間関係の構築が難しかったり。

 

その支援のなかで
私が大切だと感じたことは

患者さん本人が
就職の時に障害を伝えることの大切さです。

 

仕事をするということは
その人に合った環境と作業量であれば
健康促進にも十分効果があることは
日々体験の中で感じています。

 

このことについては
障害があろうとなかろうと
同じことが言えると思います。

 

今回は就職の時には障害を伝える。
もっというと自分の言葉で伝えることの
大切さについてお伝えしていきます。

障害を告知するということ

障害について自分の言葉で話すことは
障害者の就職活動で
最も大事なポイントです。

 

もちろん告知することで
障害者の就職活動において
障害のことを聞かれないということは
絶対と言い切れるほどありません。

 

障害者の就職活動では
障害者手帳のコピーを提出するのですが
採用担当者がそれでその障害のことが
分かるかというとそんなことは決してありません。

 

それはまず同じ障害でも一人ひとり違いますし
いつまでも障害者手帳の障害名は
とても難しい言葉で書いてあり

一般の方が見ても理解は難しいです。

 

変な言い方ではありますが
とても深刻に感じてしまうような
病名がほとんどですので
なかなかプラスのイメージを
持ってもらえないことがよくあります。

 

たまに採用担当者が障害者手帳のコピーを見て
ネットで調べある程度のイメージを
持っている方もいるかもしれませんが
それだけでは正確には伝わらないと
思っておいた方が無難です。

自分の障害を自分の口で説明できる大切さ

自分がどういう障害を持ち
どういうことで苦労して
どういうことを助けてもらえば
仕事をしていけるのか。

 

それらを自分の言葉で説明できるように
していくことが大切です。

 

就職をするということは
会社にお金をもらうことを対価に
労働力を提供する場所です。

 

自分自身がこういうことが必要で
こういうことができないと言うことを
具体的に伝えなければ
「特に問題なくできる人」と
思われてしまいます。

 

障害について
言わなくてもわかってくれることと言うのは
仕事においてはほどんどありません。
自分がどういう障害を持っていて
どういう配慮が必要かと言うことを
自分の言葉で自分から説明する必要があります。

 

スポンサーリンク

自分のことを説明できないデメリットのほうが大きい

逆を言えば自分を客観視できない人に
責任ある仕事を任せられることはありません。

 

就職活動をしている人なら
私はこのくらいの仕事ができるのに
全く理解されないと言う話を聞くことがあります。

 

それはお互いが感じているというか考えている
「できる」のレベルが違うからです。

 

就職活動している本人は
自分の障害を受け入れているかも
採用担当者を見ています。

 

この機会に自分自身の障害について
もう一度自分の言葉で説明できるかを
振り返って考えることは大切です。

 

例えば
ものを書くには時間がかかるとか
キーボードを打つのは人の倍以上かかるとか
10キロ以上のものは持てないとか

 

自分が不得意なことを
自分から伝えることによって
相手の方にも安心してもらえることがあります。

まとめ

就職のときに障害を伝えること。
伝えるのも自分の言葉で自分の障害について
伝えることの大切さについて
書いてきました。

 

現在は障害者雇用の枠も広がっており
特に精神障害についても
理解をしていきたいと考えてくれる
会社は増えてきつつあります。

 

そのため今の自分の得意なこと
不得意なことを伝えることで
その人にあった環境で働くことも
できます。

 

もちろん失敗することも
たくさんあります。
しかし、失敗は誰にでも
ありますし、それはあなた自身の
否定ではありません。

 

作業療法士として
支援するときに大切にしていることの中で
「存在の肯定」という考えがあります。

 

つまりできる、できない問わず
あなたという存在を大切にするという
姿勢です。

 

仕事にはストレスがつきものかもしれませんが
所属感、達成感、失敗体験、報酬をもらう喜び
社会とのつながり、人間関係など
人が生きていく上で大切なことです。

そしてこれを体験することが
仕事をすることである。と
私は考えています。

 

仕事には
本来、こういった人が生きていくために
必要な要素がたくさんありますし
健康にも良い要素でもあります。

 

しかしバランスというのも
非常に大切です。

 

仕事量の多いこと
自分の能力より明らかに高いこと
もしくは明らかに低いこと。

 

こういったバランスをしっかり
保つためにも自分の今の状態を
支援をもらいつつでも見つめていく
ことが大切です。

 

そのためにも
障害を伝えるということの
重要性にもう一度考えるきっかけに
なればとても嬉しいです。