話を聞いていないと言われる。誤解されてしまう理由とは?

話を聞かずに写真ばかり撮っている男性こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

突然ですが
あなたは
「人の話を聞くのは得意ですか?」

 

こう聞かれたとしたら
あなたはどう感じますか?

 

人の話を聞くのに
ヘタとかあるのだろうか・・

 

と思った人もいるかもしれません。

 

実際に私も何度か聞いたことが
あるのですが
話すのは苦手という人は多くても
聞くのが苦手という人は
ほとんどいなかったです。

 

確かに話しを聞くだけですから
普通にできると思っているのです。

 

実際はどうでしょうか?

 

本当に相手の話を聞いていますか?

本当に聞いていると言い切れますか?

 

人は話を聞いているようで
次に自分が何を言おうか考えていたり
しています。

 

または相手の話をそのまま聞くことが
できずに自分の考えが正しいか
間違っているかを無意識に
判断していることがあります。

 

実は相手の話を聞くというのは
簡単なようで実はけっこう難しい
技術だったりします。

 

ここでは
話を聞いていないと言われる人の
5つのレベルについて詳しく書いていきます。

 

この記事のポイントは
・話しを聞くのが上手になる

・話を聞くことを仕事にしている人のレベルアップ

・人間関係で悩む人の解決法になる

 

ということで1つずつ説明していきます。

 

話を聞くレベルは5つある

話を聞くという能力には
大きく分けて5つあります。

 

その5つとは
・全く話を聞いていない

・話をジャッジしながら聞いている

・相手の言葉をそのまま聞いている

・相手の背景、意図を考えながら聞いている

・相手の感情を共有しながら聞いている

 

まったく話を聞いていない

これが聞くレベルの一番低い状態です。

 

相手の話を聞いているようで
実はほとんど聞いていない状態にあります。

 

相手の言葉がただ耳を通っているだけで
話を理解していませんし
理解しようとすらしていません。

 

相手が話をしている最中に
次に自分は何を言おうか考えていたり
相手の感情はおろか
言葉すら追えていない状態です。

 

これでは
「話をきいてもらえない」
と不満を言われても仕方がないかもしれませんね。

 

しかしこのレベルの話の聞き方を
している人は非常に多いです。

 

例えば
親子、夫婦、友達など
こういう身近な人間関係の中では
この段階にいることが多いです。

 

だいたいお互いが言いたいことを
言っているだけですが
近い人間関係がこの状態でも
成立させてくれています。

 

しかしこれが全く知らない
他人であれば人間関係ができていなければ
話を聞いてくれないと不満がたまってしまい
関係性が断ち切られることになります。

 

話をジャッジしながら聞いている

これは自分が相手の話を聞きたいように
聞いている状態です。

 

話しの中で
「この話は矛盾している」
であるとか
「今正しいことを言っている」
と判断しています。

 

この判断は自分軸であり
相手の話す言葉で自分の考えを
確認しているだけです。

 

この段階でも
本当には相手とコミュニケーションとれていません。

 

相手も
「話を聞いてくれた」とは感じれないでしょう。

 

ただこのレベルの人が
最も多く該当します。

 

もしかしたらこれを読んでいる
あなたもそう感じているかもしれません。

 

実際に私も
意識していないと
自分の判断でジャッジしてしまうことが
あります。

 

さらにジャッジすることが露骨になると
「この人は自分一番のタイプだな」とか
「この人はこういう人」と
決めつけてしまうことです。

 

ここで大切なことは

相手をわかったつもりにならないこと。

 

自分の考えが正しいと思いすぎないことです。

 

スポンサーリンク

相手の言葉をそのまま聞いている

自分の判断を入れずに
相手の言葉をそのまま受け取りながら
聞いている状態です。

 

このレベルになると
相手は、なんでも話せる、話していて
安心できるという感情が生まれやすくなります。

 

相手の言葉をそのまま受け止めるには
自分という意識を一旦
脇において相手に集中することです。

 

その会話の中で
疑問に感じるところ
心がざわつくことなどが
出てくると思います。

 

しかし、反論せず言い返そうともせず
まずそのまま受けとるように意識します。

 

この気持ちのざわつきというのは
相手とあなたとの

 

価値観の違いから来ています。

 

自分と違う価値観が
話しをきくことが邪魔しようとします。

 

これは相手が悪いわけではなく
自分の問題であるということを
覚えておいてください。

 

相手の背景、意図を考えながら聞いている

相手の言葉をそのまま受け取るだけでなく
その言葉の背景やその言葉に込めた意図
なんかを意識しながら聞いている状態です。

 

話しをしている相手の
人生、人格をそのまま受け止めるような
感覚に近いものです。

 

ここまでくると
相手は話しを聞いてくれた。から
「自分のことを分かってくれた」
という感情をもちやすく
短時間でも強い信頼関係を結べるようになります。

 

相手の感情を共有しながら聞いている

相手の感情を自分のもののように味わい
感じながら聞いている状態です。

 

このレベルは話の聞くということにおいては
最高レベルです。

 

こういう話の聞き方をされたことがない人が
体験すると感動して涙を流すこともあります。

 

相手はあなたのことを深く信頼するでしょうし
理解してもらえたという気持ちが強くなります。

 

しかしこのレベルは気をつけるべき
ポイントがあります。

 

これは相手の感情を味わうことになりますので
自分と相手との境界線がうすくなります。

 

さらにエネルギーの消耗も
激しくなります。

 

そのためカウンセリングするときは
あえて意識的にこのレベルを避けている人もいます。

 

さらにこのレベルで
自分の都合の良いときだけしていると
普段の聞くレベルを落としたときに
相手から裏切られたような気持ちになりやすくなります。

 

まとめ

話を聞いていないと言われることの原因として
まとめてみました。

 

聞くレベルには
幅があることが理解できたと思います。

 

そして
今コミュニケーションしている相手とは
どのレベルの聞き方をしているのか
今一度振り返ってみてください。

 

一番低いのであれば
1ずつレベルを上げるように
聞く意識に変化をつけてみてください。

 

この意識だけで
話している相手の態度は変化すると思います。

話を聞かずに写真ばかり撮っている男性