うつ病と向きあう。あなたの病気と自分を切り離すこと。

こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

私はうつ病で悩む人と
日々接している人と
接する機会が普通の人よりは
圧倒的に多いと思います。

 

その中でうつ病の誤解が
たくさんあることを知っています。

 

鬱の症状って千差万別。
精神の状態だけでなく
身体に出ることもあり
人によっては文章を書いたり、
散歩や買い物に出る事も
出来る人もいます。
その一方で
自殺行為をしてしまう人など
症状の度合いも広くあります。

 

そのために
社会の理解が進まず
重度のうつ病以外を「甘え」だと
認識されがちだと思います。

 

多くの人が未だにうつの症状を
「甘え」だと思っています。

 

あなたはどうですか?
うつの症状で苦しい。
生活のしにくさを感じているのに
周りから甘えと言われて
悩んでいませんか?

 

本日は
うつ病と向き合うという
ことを考えていきたいと思います。

自分を責めてしまう

人はうつ病にになった時、
とにかく自分を責めてしまいます。

 

「私がダメだから、失敗するんだ」
「私が弱いから、体調を崩すんだ」

 

自分が甘いから。
自分がだらしないから。
こんな気持ちになるのは
全部自分が悪いんだ。

 

この記事を読んでいるあなたも、
自分を責めすぎてしまっていませんか?

 

でも「鬱」は病気です。
他の病気と一緒です。
どんなに自分を責めても、
病気は治らないんです。

 

もし、まだ病院に
かかっていない方がいれば
まずは病院やカウンセリングに
行きましょう。
具合が悪ければ、病院に行く。

 

鬱だって同じなんです。

 

自分と向き合うって・・・

よく、「鬱」についての記事で
「自分と向き合う」という
言葉を見るのですが、
自分自身と向き合うって、
意外に難しいですよね。

 

自分のことは自分が
一番知らないなんて事も。

 

特にうつの状態の時は、
自分と真っ向から向き合うのって、
かなり難しいと私は感じています。

 

むしろ、危ないとすら思います。
だって深く考えれば考えるほど
思いつめてしまう。

 

だから私は「うつ」という病気と
向き合うことにしました。

スポンサーリンク

うつと向き合う

一つのやり方として
「自分」と「自分の鬱」とを、
ちょっとだけ
切り離して考えることをおすすめします。

 

自分自身と向き合うのは難しいけど、
例えば友達と向き合うというのは、
そんなに難しいことじゃないて
思いませんか?

 

要するに「自分のうつ」を
客観的にみることです。

 

・「自分の鬱」はどんな症状を発するのか。
・「自分の鬱」どんな時に出ているのか。

 

そうして「自分の鬱」を理解する事で
苦しい時、
「「鬱」のせいで、苦しいんだ」
と冷静に考える事ができ、
今までひたすらに
自分を責めていた時よりも
気持ちがスッと、楽になります。

 

また、冷静に考える事ができてきた事で、
少しずつコントロールする事も
できるようになります。

 

「うつ」と向き合うことは
難しいようですが、
少し切り離して考えるだけで、
「自分のうつ」と向き合う事が
できるのではないかと思います。

 

まとめ

うつ病と向き合うということに
ついて考えてきました。

 

最初にもお伝えしましたが
鬱は千差万別、十人十色です。
その人、その人に合った
治療やカウンセリングが必要だと思います。

 

ただ、人によっては
自分を責めてしまっている人の中には
「自分」と「自分のうつ」と
切り離して向き合う事で
気持ちが楽になる人も
いるかもしれません。

 

また、周りに鬱の方がいらっしゃる方も
その方自身ではなく、
「その人の鬱」と切り離して考えることで
その方との接し方がわかってくるかもしれません。