認知症の初期対応。手遅れになる前にするべきこととは?

 

どうも。精神科作業療法士の大祐です。

 

最近のことなのですが
私の祖母が軽度の認知症を疑う行動が
目立つようになってきました。

 

私も精神科で認知症を患う患者さんと
接していますが
「ついにきたか・・」
というなんとも複雑な気持ちになりました。

 

ということで
認知症の初期対応について
私がした対応と病院受診について
書いていこうと思います。

 

そもそも認知症とは

その前に簡単に認知症について説明しておきます。
もはや他人事で済まされない疾患の1つに認知症があります。

 

両親や親戚、兄弟、配偶者、そして自分。
誰もがこの病気にかかる可能性があります。
歳をとるほどに認知症になる危険性が高まり
65歳から70歳未満で1.5%
85歳以上で27%の人が認知症と
診断されている現状があります。

 

主な症状は2つ

症状には、神経細胞が萎縮したり
破壊されたりすることで起こる
記憶障害、見当識障害、という中核症状。

記憶があいまいになるのことで
不安に感じるこころが
幻覚、徘徊、暴言、暴力などの
異常行動を引き起こす周辺症状があります。

 

周辺症状に傷つかないために

周辺症状は、心理状態や環境により
現れる症状が人によって異なります。
夜中に徘徊したり、お金を盗まれたと訴える被害妄想や、
暴言暴力などの激しい症状により
周囲の人たちも疲弊します。

 

周辺症状はストレスが引き金になって
現れることが多いので、本人の不安な心を
周囲の人ができるだけ優しく受け入れ
安心感を与えることが大切です。

 

認知症の人も家族も傷つかない対応していくことが
必要不可欠です。

 

認知症の初期対応

認知症の初期対応として
意識したほうがよいものがあります。
それは大きく6つあります。

しっかり話を聞いていますという態度

唐突な話、同じ話を繰り返す、暴言などに
対して基本的な対応として
「あなたの話を私はちゃんと聞いてますよ」という態度を示すことです。

 

相手の存在を認め、そして話に耳を傾けましょう。
途中で「あれっ?」と思っても
話を遮らないようにすることです。

 

変わらない姿勢で話す

おかしなことを言うようになったからといって
子供扱いしたり、見下したような話し方をしてはいけません。
もちろん、侮辱、差別したような話し方もダメです。

 

話を遮らない

記憶があいまいになることで
不安や焦り、怒りを強く感じているなど
心理的に揺らいでいることが多いので
しっかり話を聞いてあげてみてください。

言いたいことをたくさん話すことで安心できる場合もあります。
また「話を聞いてくれる人がいる」ということ
そのものが心の支えになります。

 

否定せずに良い感情が残るようにする

間違いを指摘したりせず
否定もせず、相手にとって
良い感情が残るように声かけしてみて下さい。

 

落ち着いた環境で話す

興奮している人に対しては
落ち着いた場所に移動して話すようにしましょう。

うるさい、まぶしい、臭いなどの刺激が強い場所は
良くありません。また対応する人を変えることで
気分が落ち着くこともあります。

 

大声を出したで強制したりしない

大声で注意をしたり
強制的に止めたり
無理強いをしたり
イライラしたりすると
症状が強くなる場合があります。

 

答えや行動を急かさずゆったり対応してみて下さい。

 

 

スポンサーリンク

病院受診を考える場合のポイント

もし家族が認知症かも?という不安を感じた場合
なるべく早い病院受診をおすすめします。

 

認知症は精神科が専門になりますので
近くの精神科に相談してみてください。

 

その際にポイントがあります。

 

病院を見つけたらそこのケースワーカーに相談することです。

 

直接本人を連れて受診という方法もあるのですが
自覚症状があまりない状態で
精神科に受診をさせると
本人も不安になることがあります。

 

そのため
まず最初は家族だけで相談にいくこと。

 

精神科病院であれば
家族だけの相談も受けてくれます。

 

なぜ医師ではなくケースワーカーが良いかと言うと
問題を整理してしっかり相談にのってくれるからです。

 

これはかなり大きなポイントです。

 

具体的ないつからどんな症状がでて
どんな心配があるか、不安があるのか
など詳しく丁寧に聞いてくれます。

 

この情報を後に本人を連れて受診となった場合に
医師は事前にまとまった情報を
見ることが出来るので
診断やクスリについても的確な
判断をしてくれます。

 

まとめ

認知症の初期対応と病院受診にするまえの
ポイントについて書いてきました。

 

ちなみに私の祖母の初期症状は
同じ話を何度も繰り返すことでした。

 

私は趣味の写真撮影を楽しんでいると言う話を
時間をおかず何度も何度も繰り返し話します。

 

これは認知症の症状であるため
何度言われても初めて聞いたような対応をしています。

 

もちろん聞く方も何度も同じ話しをされるのは
気持ち的にもしんどいので
少し話題を変えたり少し席を外したり
関わる人を変えたりという風に関わっています。

 

認知症は残念ながら、完全に治す治療法は
今のところありません。認知症の治療は、
病状の速度を遅らせるためのものですから、
いち早く認知症の発症の兆しに気づくことが重要です。

 

歳を重ねること自体がリスクとなるのがこの病気です。

 

誰しも歳を重ねると物忘れ新しいことが覚えられないなどの
自覚症状があると思いますが、同年代の人と比べ
その症状が強いようなら軽度認知症を疑ってみてください。

 

早めの病院受診が進行を遅らせることに繋がります。

 

認知症を発症したとはいえ
これまで一生懸命働き社会や家族に対して
貢献してきた人です。周りの家族は
症状に振り回されず、本人の尊厳を守り
心に寄り添うような
対応心がけてみてください。

 

自分が認知症になった時にして欲しいと思う対応を
想像してみて欲しいです。

 

そのときにしてほしいと感じたことが
今本人がしてほしいことであることが
多いです。