断酒会の効果。体験談から良い悪いをありのまま伝えます。

全国断酒連盟第53回全国大会in香川県

どうも、こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

アルコール依存症の治療で
大きな役割を果たしているのが
断酒会という自助グループがあります。

 

退院している人も
現在入院して治療している人も
参加することができます。

もちろん、その家族の人の参加も可能です。

 

ただ、初めて参加する人はどういった場所で
何をしているのか、気になる人も多いと思います。

 

そこで、今日は
私がアルコール専門治療病棟を担当しているときに
患者さんと一緒に参加していた
断酒会の中身と効果について
書いて行こうと思います。

 

断酒会に継続的に通うことで、
断酒を続いている人も多くいますので
参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

断酒会の流れ

断酒会がどういう組織かというのは、
別の記事にしていますのでそちらを
参照していただけると嬉しいです。

 

ここでは、断酒会がどういった流れで進むかを
具体的に書いていきます。

 

ちなみに、ここで話す内容は
全国で全く一緒というわけではないと思いますので
イメージをつかむ感じで聞いてくださいね。

 

断酒の歌→断酒の誓い→体験発表。というのが大きな流れです。

 

断酒の歌

断酒の歌というのは
ちょっと曲調は古い感じもしますが、

歌詞には飲酒当時のしんどさから、
回復していくまでの過程が書いてあります。

 

最初に参加すると
この曲でとて驚く人がいる人も多く
抵抗を示す方がいます。

これは断酒会を運営していく上での
手順みたいなものなので

断酒会の本質はあくまで体験発表にあります。

「こんな感じで始まるんだな」くらいの感覚で
聞くのがちょうどよいです。

 

断酒の誓い

岡山断酒会東支部これは、断酒会の誓いの言葉であり
参加者全員で声に出して読み上げます。

 

自分の内面を振り返ることを
意識させられる言葉であり
直接的な表現も含まれていますが

全て体験発表に繋げるための
心構えとして捉えています。

 

私は最後の文章に
「断酒の喜びを酒害に悩む人たちに伝えます。」という
言葉があるのですが
個人的にはとても気に入っています。

 

まだまだ断酒会の知名度は低く
存在を知らないで
酒害に悩む人やその家族もいます。

 

体験発表

断酒会のメインはこの
体験発表にあると思っています。

 

これは、自分の今までの酒害体験を
参加している人に話すのですが

ルールとしては

「言いっぱなし、聞きっぱなし」が条件となっています。

 

毎回、体験発表するテーマが決められていますが
テーマに沿った内容でも構いませんし
自分の体験でも問題ないです。

 

ここでの話される内容は
正直で赤裸々で多くの失敗や葛藤、健康被害や、
家族への思い、酒によって失っていく信用、
お金、時間、人、仕事、家族など、

衝撃的なものをたくさんあります。

 

そして、自分の酒について
どう考えているかという話しもあります。

 

「どうしても最初に一杯に手を出してしまった」
「飲酒欲求が強い」
「イライラするとどうしても酒を飲みたくなる」という

ありのままの心情を話してくれます。

 

どんな内容の話しであっても
意見することもなく
ただ聞いてくれる場所が断酒会です。

 

断酒会のメリット

断酒会のメリットは自分以外にも
アルコール依存症で苦しんでいる体験を聞くことで
一人ではないという気持ちを持てることが
大きなポイントです。

 

もう一つ。それは、足を運ぶとそこにいるメンバーが
「よく来たね。」と温かく受けれ入れてくれること。

 

アルコール依存症は
孤独を感じている人が多く、
家族ですらも、見放されている人が多くいます。

人は自分に対して関心がないと
感じるときほど、強く孤独を感じます。

 

それの辛さから、逃れるために
また酒を飲む人もいます。

 

こういう負の連鎖を断ち切るために、
受け入れてくれる場所がいつでもそこにある。

というのは、とても心強いと感じています。

 

断酒会のデメリット

メリットがあれば、やはりデメリットもあると思います。
一つには、やはり体験発表として
自分で人に話すことが辛いと感じる人には
緊張する場面にはなるでしょう。

 

しかし、これも「今日は勉強にきました。」と一言でもよいので、
たくさん話す人が苦手な人は
体験発表を聞くだけでも十分だと考えています。

 

もう一つあげるとしたら
会費がかかることです。
各断酒会によって値段は違うかもしれませんが
月に1000円程度は必要です。

 

断酒会の場を存続させるためには
必要な経費ではあるという認識ではありますが、
やはり出費があるということで
懸念される人も一定数います。

 

まとめ

断酒会の効果ということで
実際に参加してみて感じることや
そのメリット、デメリットも
自分なりに感じることを書いてきました。

 

断酒会は断酒を継続するためにも
同じ目標をもった人がいる環境に
身をおくというのはとても大切なことです。

 

人間は弱い生き物ですので、
環境の変化にも弱いですし、
昔から続けてきた飲酒の習慣は
そう簡単には変えることができません。

 

実際に脳科学的にも
習慣を変化させようとすると、
危険と判断して元の習慣に戻そうとする作用が働きます。

この時に一人でいたり
誰にも相談しなかったりすると
飲酒欲求のリスクは格段に上がります。

 

断酒している人がいる環境にまずは身を置いてみること。
そして出来る限り継続すること。

具体的には3週間程度、通っていると
新しく習慣化されていきます。

 

断酒をするというのは
一人ではできません。

 

あなたが酒のない生活を望むのであれば、
まず足を運んでみてください。

 

全国どこにでも断酒会は存在します。
ネットでなら
ぜひ「断酒会 〇〇」【〇〇は地名】を入れて
検索してみてください。

 

いろいろな情報が載っていますので
そこからぜひ断酒への一歩になれば嬉しいです。

全国断酒連盟第53回全国大会in香川県