こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。

 

あなたは他人と比較して焦る。
という体験をしたことがありますか?

 

私は精神科に勤務しているので
こういう悩みを抱えてくる
患者さんは多いです。

 

特にこの悩みは
30代くらいの男女に多い
印象を受けます。

 

30代と言えば
友達は結婚していたり
子供が生まれていたり
新築の家を立てていたり

 

ライフスタイルが
大きく変わっている人も
多いですよね。

 

そういう姿を
実際に見たり
SNSで知ったりすると

自分と比較して焦ってしまったり
自分が惨めに思えてきたり
するかもしれません。

 

私も他人と比較してしまう
傾向にあります。

 

こんな気持ちが
浮かんできた時に
私がしている対処法があります。

 

それを今日はお伝えできたら
と思っています。

 

結論を言うと
今自分があるものに

「気づきを向ける」

ということです。

隣の芝生が青く見える

近くにいる人が
自分と比べて幸せを感じている
という気持ちになることですが

それが本当に「真実」でしょうか。

 

その見えている一部分だけで
判断していませんか?

 

例えばですが
彼氏・彼女に楽しそうにしている
写真があったとします。

 

その写真だけを見て
自分には彼氏・彼女はいないなら
羨ましいと感じるかもしれません。

 

しかし日常はすごい喧嘩ばかり
していたとしたらどうでしょうか?

 

特にSNSは生活の一部を
切り取っているものですので

 

その瞬間だけで判断してしまいやすいですが
実際のところは本人たちにしか
分からない苦労があります。

他人と比較してもし勝ったとして何が残りますか?

あなたが他人と比較して
勝ったとします。

 

他人より
いい車に乗っていて
他人より
大きな家に住んでいて
他人より
仕事の報酬がよかったら。

 

きっと嬉しい気持ちで
勝ち誇った気分になるかもしれません。

 

けどこれがずっと続くと思いますか?

 

実際のところは
車のローンがあって
家のローンがあって
仕事の報酬のほとんどを
返済に当てないといけないとしたら。

 

それでもあなたは他人と
比べて嬉しいですか?

スポンサーリンク

比較する心は満たされない心の裏返し

例えばもしあなたが
すべてにおいて満足していたとしたら
どうでしょうか?

 

車も持っていない。
新築の家も立てていない。
仕事の報酬もそんなに高くない。

 

それでも自分の心が満たされていて
とても落ち着いた気持ちで
過ごすことができているのなら

 

他人との比較して
何かが足りないと焦ることも
ないですよね。

 

満たされている状態では
比較する余地はないのですから。

 

満たされない状態というのは

自分の持っているものに
気づいていない」だけです。

 

今あるもので感謝できるものを上げてみる

なんでもいいですよ。
私で言うなら
メガネ、枕、服、ネット、家族、本、
自分の部屋、アロマ、ペット、バイク。

 

私の中でどれか一つでもなくなると
困ります。

それだけ私の日常に当たり前のように
あるものです。

 

あなたはどうですか?
今あるもので感謝できるものは
なんですか?

 

少し思い浮かべてみてください。

 

できれば紙に書くといいですよ。

まとめ

他人の比較して焦るときの対処としては

今あるものに意識を向けて感謝する

ことです。

なくなったらとても困るのに
いつもあるから気が付かないものです。

 

今あるものに目を向ける。

 

当たり前にあると
あることにも気が付かない。

もっているありがたさにも
気が付かない。

 

あなたが思っている以上に
あなたはたくさんのものを
もっていたりします。

 

ただ気がついていないだけ。

 

気づくには
意識を向ける練習がいります

 

自分がもっているもので
日常で助けられているものを
思い浮かべてみてください。

 

こういう練習が
あなたのもっているものの
多さに気づくきっかけになります。

他人と比較して落ち込む