アルコール依存症の家族の対応はどうしたらいいか悩むあなたへ

こんにちは。
精神科作業療法士の大祐です。
今日はアルコール依存症の家族の対応の仕方について
専門病棟での経験を書いていきます。

 

アルコール依存症という病気は、
家族を深く巻き込んでいきます。

 

しかもいつの間にか、知らず知らずのうちに
本人の事だけが家族の頭を占拠してしまっています。
アルコール依存症は飲酒をコントロールできなくなる病気です。
そして、次第にアルコールに行動支配されていきます。

 

自分ではまだうまく扱えていると勘違いしてしまいがちですが、
病気が進行していくにつれて、思考や感情も
コントロール不全状態に陥ります。

家族は本人に対して、なんとかお酒を
やめてほしいと願います。
そのために取る行動が
小言、泣き言、懇願、怒り、脅しなどに偏って行きます。

 

何も知らなければ、
必ずこの落とし穴に落ちてしまうことを知っておいてください。

それは、「効果のない行動」という落とし穴です。

 

次第に、本人に飲酒をさせないための
行動(酒を隠す、捨てる)も始まります。
こうなるともはや本人と家族も
コントロールができなくなってしまいます。

 

ここでは覚えていて欲しいことは、
人間の意思よりも
依存症薬物の支配力の方が圧倒的に強いと言うことです。
「やめさせたい、でもやめない。
こちらが言えば言うほど隠れて飲むようになる。
酒がないと暴力を使う、逆に脅してくる」ということが起きます。

 

本人が1番大事なのは家族ではなく、
酒になってしまいます。
家族の愛情もわからなくなってしまい、
そういう依存症に支配された
本人をなんとかしようとして、
今度は家族は依存症に全てを奪われてしまいます。
これこそ家族が巻き込まれた結果です。

 

まず大事なことはどうしたってほとんどの家族は、
この構図に落ちてしまうと言うことを知っておいてください。

もちろん、そうでない家族もいます。

でも大半は知らない間にそうなっているものです。

 

家族が悪いわけではありません。

大事なのはまずそれに気づくことです。

アルコール依存症の家族の対応としてすべき事は、
「効果のないことを止め効果なることだけをする」です。

 

最初はその見分けもつかないでしょう。

見分けがつくようになるには依存症のことを
理解するしかありません。

理解するためにいろいろ勉強したとします。
それでできるつもりになるのですが残念ながら

実行することはまた別の次元の話です。

 

水泳と同じで、及ぶ理屈はわかっていても
実際泳げるようになるには練習が必要です。

出来るようになる練習は、長い、ときには辛い過程ですが、
この練習は間違いなく効果を見ますし、
家族の人間としての幅や深みを増してくるという
大きな副産物がついてきます。

この副産物は、他の人にはいられない大きなおまけです。

 

その過程には、1人ではキツくても仲間や
相談相手がいればやれるものです。

 

あきらめないでやってきましょう。

ここでもう一つ大事な考え方をお話しします。

 

飲酒問題に対処していくときに、迷いや行き詰まりもあるでしょうから、
そういうときの10の考え方があるのでお伝えしますね。

10の考え方

1、相手は変わらない。しかし働きかけることができる

2、人は正しいことを言われたからといって、行動は簡単に修正しない

3、自分も相手も、共に本当に望んでいる事は何かと考えてみる

4、自分にできることを探してやってみる

5、できていないことよりできていることに目を向ける

6、目的を実現するためには考え方と方法と練習が必要

7、練習して、できることを増やしていく

8、うまくいかなかったら次どうすれば上手くいくかだけ考える

9、どんなに小さくてもいいので成功体験を増やしていく

10、1人で行き詰まったら相談する

まずは、どれか1つでもいいので意識してみてくださいね。

 

望ましくない行動(飲酒)を止める方法として
「イネーブリングを止めること」というのがあります。

 

そもそもイネーブリングとは?

本人の為を思って、家族であるあなたが何とか飲酒をやめさせたり、
減らしてもらおうとしているつもりが、
結局は本人の飲酒行動を支えてしまうことになってしまう
行動のことを「イネーブリング」と言います。

具体的には、
相手にお金を与える、
相手の作ったトラブルを始末する、
などの行動がこれに当てはまります。
または、
酒を捨てたり隠す、
飲酒しないか相手の行動を監視する、
飲まないように説教する、
飲んだ相手を責めると言う行為も
効果的でない行動の代表なので、知っておいてください。

 

こういったことを続けていると、
本人も家族も飲酒問題が見えなくなってしまいます。
ただ、家族であるあなたは、本人を大事に思っていたり、
なんとかしたいと言う気持ちがあるからで、
そういうことをしてきたからといって、
家族であるあなたを責めたり非難されたりしません。

こういったカラクリを知らなかっただけなのです。

 

これからは上記のような方法では
問題解決しないことを理解し、
有効な手段を使っていけるように、
今までのやり方を一旦忘れましょう。

止めると効果は絶大に出てきます。

これまでやってきたイネーブリングを止めることで
相手との関係が目に見えて変わっていきます。

 

イネーブリングを止めることで、
本人が自分の飲酒行動の結果を身をもって知ることになります。
例えば、朝目覚めたときに泥まみれの服を着て、
玄関で寝ている自分を発見したらどうでしょう?

どうしてこんなことになったのか考えるでしょう。
泥酔したらこんな状態になるのだと、
人に言われれば今までは反発しても、
自分で自分の姿を見れば言い訳できません。

今度はこんなことにならないように、
どうしようか考えるきっかけになるでしょう。

これは意地悪でもなんでもありません。

当然の結果を本人が知る機会は抱いていると言うことで、
これこそ本当の愛情であり相手の親切だと
言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

アルコール依存症の家族の対応としてこれまで続けてきた行動を
止めるのは勇気がいります。簡単ではありません。
ここでも無理をせず、今の自分で止められそうなことを見つけて、
それから挑戦していきましょう。
小言を止めるだけでもかなりの効果を生むのです。